松田ゆう姫 目がおかしい (1)
2020年10月29日(木)放送、日本テレビ系「ダウンタウンDX」
22時00分~23時00分



伝説の俳優・松田優作と女優の松田美由紀の長女で、音楽ユニット「Young Juvenile Youth(ヤングジュヴナイルユース)」の松田ゆう姫が出演、松田ゆう姫の変わった趣味を紹介する。



松田ゆう姫は、YouTubeにアップされている年配の男性がしゃべる動画で、その声を聴きながら眠りに入るという変わった癖があるという。さらに、父親との関係や奇妙な食生活も明かす。  



今回は、松田ゆう姫の目がおかしい理由、韓国人の噂についてまとめてみた。







■目次

松田ゆう姫とは
松田ゆう姫の父親・松田優作
松田ゆう姫 目がおかしい理由
松田ゆう姫の目がおかしい理由は韓国人だから?

松田ゆう姫とは


松田ゆう姫 目がおかしい (5)


松田 ゆう姫
生年月日 1988年11月30日(31歳)
出身地 東京都



1988年、東京都にて俳優の松田優作と女優の松田美由紀の長女として生まれる。
兄は俳優の松田龍平と松田翔太。 高校時代の3年間をカナダで過ごし、現地の学校に進学。そこで出会った友人の影響により、音楽活動を開始。


作詞や作曲を始めオリジナルの音楽を作る事に没頭した。 電子音楽家JEMAPURとのエレクトロニック・ミュージック・ユニット「Young Juvenile Youth」を結成。2012年の活動開始とともに、エッジの効いた電子音楽的アプローチの上で、自由に、個性的な言葉を紡ぐボーカル・スタイルで、アンダーグラウンドなシーンで話題を呼ぶ。




2015年にリリースされたEP「Animaiton」は、iTunesのエレクトロニック部門で7週連続1位を獲得し、iTunesが世界中のニューカマーの中から選ぶ「New Artist スポットライト」に選出される。そして2017年11月に、満を持してにリリースされたファースト・アルバム『MIRROR』は欧州からアシア地域を筆頭に「新たなTokyo Soundの急先鋒」として高い評価を受ける。



2019年1月30日放送回の「今夜くらべてみました」にてバラエティ番組初出演。同番組出演時のタメ口でのトークがネット上で炎上を引き起こしたが、それについては「逆に心配になっちゃう、すごい言ってくる人。『えっ、今日なんかあった?ちょっと話聞かせて?』みたいな感じで」「楽しくて幸せだったらたぶんそんなこと言わないと思うんです。『龍平と翔太の恥になるんで金輪際出ないでください』とか(コメントが)来てたんですけど、どうした?と」と持論を述べている。




参照wiki





目次にもどる

松田ゆう姫の父親・松田優作





松田ゆう姫 韓国8

伝説的な俳優として松田優作が、メディアで取り上げられているが、何が凄いのかよくわからない人もいるだろう。



松田優作がいちばん輝いていたのは、テレビドラマ「探偵物語」シリーズ。



映画だと、「遊戯シリーズ」が人気で、「すごい」と超過されたのは、ハリウッド映画「ブラック・レイン」で海外からも高く評価されてから。(その頃にはもう、「晩年」だったが)


それまでももちろん人気俳優だったが、テレビ「探偵物語」以降は、いまいち映画作品にも恵まれなかった。それもこれも、自分で監督した「ア・ホーマンス」がコケてしまい、それで業界の評判落としていた印象がある。俳優としては「家族ゲーム」の演技はとても絶賛されたのだけど、パッと見のイメージではアクションスター。


松田優作の出演歴を追えば「野獣死すべし」以降は、ただのドンパチ映画とは一線を画する内容のものばかりだし、松田優作自身はアクションスターとして恵まれたあの容姿を疎んじていたところがあるようだ。




元々若い頃は文学座という劇団に所属し舞台を踏んでいて、アクションスターにある意味甘んじながらも心の奥底では人間の内面的なものを模索し具現化するような、そういうディープな領域を沸々と目指していたという。



松田優作が生きていれば、「ブラック・レイン」という作品をステップにハリウッドからのオファーが次々とあったはずだが、彼のキャラクターを考えるとスンナリとはいかなかっただろう。



吉永小百合直々のオファーを受けてNHKのドラマ人間模様「新・夢千代日記」に出演したり、鈴木清順監督の「陽炎座」や森田芳光監督、夏目漱石原作の「それから」、果ては吉田喜重監督の「嵐が丘」など、純文学への傾倒もあり(というか、本当はそっちに興味があったらしい)、だから生半可な脚本を持っていったらゴミ箱にポイ。映画作りにかなりこだわりがあったようなので、オファーを受けても現場で衝突して、現在のような評価はされていなかったかもしれない。




松田優作は膀胱がんで亡くなったが、当時日本テレビの深夜0時頃一番遅いニュースで訃報のニュースをやっていた時には「急死」と発表された。命日は11月6日だが、発表されたのは少し後の9日くらいだったので、日本中ホントにビックリした人が多かった。そういった突然の別れ、俳優にストイックな姿が、未だに松田優作のファンが後を絶たないのかもしれない。






目次にもどる

松田ゆう姫 目がおかしい理由


松田ゆう姫 目がおかしい (3)


松田ゆう姫が初めてバラエティー番組に出演した際、ため口でネットが炎上しているが、他にも目がおかしいことも話題になった。


松田ゆう姫目がおかしい理由は、大小様々な要因が影響して、風土や風習や習慣等々が異なる。他人との接し方等も、国に依って異なるし、場の空気の読み方等も異なるので当然目つき(善し悪しでは無い)も変わる。

松田ゆう姫 目がおかしい (2)



松田ゆう姫が目がおかしい理由の最たる要因は、幼少期の話す言葉が違うから。



幼少期から海外で生活していたので、日本語を発声する口の動きと英語を発音する時の筋肉の動きは、当然異なる。常用する事で、筋肉の発達具合に変化が起こるのは当然で、その国の言葉を発声する事で顔の筋肉の同じ部分が自ずと発達し、基本的に同じ肉付きの顔に成る。



海外の方々が見ると、日本人と中国人と韓国人の区別が全く出来ないそうで、皆同じに見えるそうだが、日本人から見れば全く違う顔立ちをしているのは一目瞭然で 自分達とは骨格(遺伝的にでは無く)が見慣れた同胞(日本人)では無いのが解る。


要するに、その国で生まれ育つと前記の理由で、その国独特の顔つき(顔面の筋肉の発達具合)に成ってしまうと言う事。




松田ゆう姫の目がおかしい理由の最大の原因が、父親である松田優作が在日韓国人であったこと、その血筋の松田ゆう姫の目つきが韓国人ぽい目になってしまうのもしょうがない。



目次にもどる

松田ゆう姫の目がおかしい理由は韓国人だから?



松田ゆう姫 目がおかしい (4)

韓国の芸能人と見比べてみても、松田ゆう姫の目はおかしい。



その理由は、韓国人にとっての整形は日本人のお化粧感覚のようなので、目の大きな方の中にはお直しすることが当たり前。お金のある人、美意識の高い人ができるものだと、羨ましがられ、現に日本よりお肌の綺麗な人が多い。美白注射や点滴やレーザー治療など、整形だけでなくアンチエイジングにも時間とお金をかけているのだろう。




やはり韓国との価値観の違いなのだが時々、整形自体を否定してる訳ではなくて「それはやりすぎ」とか「あんまり似合ってない」とかの理由で、芸能人を指摘していることはある。




まとめると、松田ゆう姫は目がおかしいのを整形で直さなかったのは、持って生まれた個性を大事にしたいからなのだろう。松田優作といった偉大な親に産んでもらった顔と体なので大事にしたいという思いがあるのかもしれない。










スポンサーサイト