てんちむ フルード画像 (5)


バストアップ詐欺で炎上したてんちむが、返金問題で破産寸前という動画を公開し、ネットが話題になっている。




てんちむは、実際は豊胸をしていたのに、Aカップから巨乳になったと嘘をついて、実際はなんの効果もないナイトブラやクリームを売り、視聴者を騙して詐欺まがいなことは事実。



また暴露されたLINEで、ナイトブラを買った視聴者をバカにするような言葉を言っていたり、てんちむさんが日本では違法で、アメリカでは違法でない薬物を使用していたことを書いており、さらに炎上を加速させた。




東スポでは、現在のてんちむは返済のために夜のお店に勤務し、フル〇ード画像で賠償金を返す計画を立てているというので、今回はてんちむの炎上理由についてまとめてみた。


■目次

てんちむとは
てんちむは炎上系YouTuber
てんちむが炎上したバストアップ詐欺
てんちむフル〇―ド画像で賠償金を返済?

てんちむとは





てんちむ フルード画像 (4)


橋本 甜歌(はしもと てんか)
本名 (非公開)
愛称 てんちむ
生年月日 1993年11月19日(26歳)
出身 中華人民共和国北京市



YouTubeのチャンネル登録者数は2019年11月時点で約92万人。
小学校1年生のとき芸能活動を開始。2004年4月、小学校5年生のときNHK教育『天才てれびくんMAX』へのレギュラー主演が決まり、以後3年間「てんかりん」として出演し人気を集めた。ジュニアアイドル、ジュニアモデルとして写真集やイメージDVDをリリース、学研プラスのファッション雑誌『ピチレモン』の専属モデルも務めた。


2007年3月に『天才てれびくん』を卒業すると中学校2年生で同年夏放映の連続ドラマ『こどもの事情』の主演を務める。この頃から素行不良となり、自身の携帯用ブログのプライベート写真がネット上で炎上する騒ぎとなった。当該ブログは同年末に閉鎖。翌2008年には事務所を退所し一旦芸能界を引退した。



2009年から新たに始めた個人ブログが人気を集め、2010年にはセブン&アイ出版のファッション誌『Nicky』のメインモデルに抜擢され、ギャル系モデルとして再ブレイクを果たす。同年10月には、12歳から14歳までの日記を書籍化した自叙伝『中学生失格』を発表しヒット作。2014年には映画『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』で主役に抜擢され映画デビューを果たす。


2016年にYouTubeにチャンネルを開設。YouTuberとしてゲーム実況を行い、人気を博している。




参照wiki






目次にもどる

てんちむは炎上系YouTuber





てんちむ フルード画像 (6)


てんちむは素行不良が問題とされるきっかけとなったのは、「地震記念日」として被害にあった店内で写真撮影をし、ブログに掲載したこと。

ab107b8b



ちなみに、この画像は現在でもネット上で見れるが、地震が起きた直後にお店の棚にある商品が落ちてるところを背景に、彼氏とピース画像をブログに公開し、大炎上した。





その後、ブログで謝罪文を掲載したが、普段の文章力をみるとおそらく本人が書いたものではなく、当時の事務所がかいたものだったのだろう。謝罪文を掲載後もツィッターで反省している様子がないことで、炎上は収まることがなかった。





もともと、てんちむの素行不良はほかにもあった。
例えば、シブコレに出るとブログで言っていたのに何の報告もなしに出ず、てんちむに会いに遠くから行った方もいるのになぜ報告がなかったのか?ということを批判されて炎上したとき、当時のmixiで「もっとプロ意識を持って」とか「ちゃんと謝罪やら報告やらしてください」みたいなファンからのメッセージ内容に「うちはドタキャンもなにもイベント来てなんていわれてねーし、日記もシブコレが書いてんだよ」「しらねぇくせに偉そうな口叩くな真面目野郎の糞ガキが」などという暴言を返している(上の文章はてんちむが書いたそのままの文章)




てんちむ著書「中学生失格」を読んだことがある人ならわかるだろうが、当時のてんちむは中学生からたばこ・酒・S〇Xと本当にひどいものだった。こういった行動に業を煮やした事務所は、てんちむを解雇。その後、YouTuberとして活動をしているが、こういった炎上系の動画をよく上げて動画再生数を稼いでいる。






目次にもどる

てんちむが炎上したバストアップ詐欺




てんちむのYouTubeでバズったのが、独自のバストアップ方法の紹介動画。



てんちむは多くの女性が悩むバストアップ方法を公開し、「Aカップから→Dカップになった」という動画で一気に人気YouTuberになれた。



てんちむのバストアップの方法は、通常のバストアップ方法と違い、着用するだけでバストアップするというもの。



通常、バストアップをするにはエクササイズや食事内容を気を使い、とくに牛乳と煮干しを同時に食べることが原則。例えば、牛乳をコップに1日2~3杯、煮干しも片手にのるくらいを2~3回くらい同時に飲んで食べ、毎日エクササイズをする。


・姿勢をよくして、胸の前で手を合わせる(合掌:拝むポーズ)

・ひじは肩のラインまで上げて、直角に曲げる

・息を吐きながら、手のひらを押し合う(15秒くらい)
※手と手の間に雑誌や電話帳、本などの分厚いものを挟んで行うとよい。



これを5回×1日3セット毎日行う。
合掌のポーズのまま、手の高さはそのままで、左右に両手のひらだけを平行移動させたり、左右にねじったりすることをプラスすれば、そのあたりの筋肉もほぐれ、バストアップにつながるという。



このバストアップ方法で、てんちむ自身もAからDになったと動画で紹介していたのだが、視聴者からは「効果がなかった」という意見も多くあった。たしかにバストアップの方法には個人差があり、サプリやクリーム、睡眠時のケア(ナイトブラ)などいろいろある。それぞれの体質や生活習慣により、どれがベストかは人それぞれ。




そこで、てんちむはバストアップにつながるか否か等は、正直、断言できないので、確実にバストアップできる「着用するだけ」という触れ込みで、バストアップブラを考案し、ネット販売したことで、大ヒットした。



しかし、豊胸手術でバストアップ化したのに自身のプロデュースした育乳ブラのおかげと豪語し、荒稼ぎしていたことを、友人のかねこあやのに暴露されてしまった。

てんちむ フルード画像 (2)


ネットで炎上したてんちむは、動画を公開し、暴露された内容を認め、全額自腹で返金対応することを発表。(しかし、領収書などがないものは無効) 後、てんちむよりも暴露したかねこあやの方があまりにも酷過ぎるので、ヘイトがてんちむよりかねこに向いた。





目次にもどる

てんちむフル〇―ド画像で賠償金を返済?





本日発売された東スポの取材で、てんちむは賠償金のために夜のお店で働いたり、金策に必死になっているという。



記事内容



人気ユーチューバーのてんちむが自身のユーチューブチャンネル「てんちむCH」で〝破産寸前〟であることを告白している。


てんちむは豊胸の事実を隠してバストアップ関連商品のプロデュース&宣伝を行っていたことを謝罪し、自腹で返金対応することを表明。動画では「急きょお知らせしなければいけないことがあります」と返金手続きなどの対応状況を明かし、バストアップ関連商品の返品は「累計約4万件のお問い合わせをいただきました」という。




返金額については「まだ確定の金額は出ていません」とした。

今回の対応でてんちむは「破産寸前の状態です。今回の対応でメーカーさんの方に大きい金額を払わせていただいた」と告白。1件の返金に付き「約30パーセントのお金を支払わせていただいている」とのことで、確定が出ていない状態のために、今後増える可能性もあり、さらに損害賠償金についても話し合いをしているところだという。




マンションも購入していたが「買ったマンションもキャンセルになりました」と明かした。 逼迫した経済状況を改善するために、平日の昼間は動画撮影に費やし、夜はクラブで働いて稼ぐことも報告。土日も六本木で働くという。これは案件(広告)でなく、本当に働くという。  今回の一件で、てんちむの家族や、撮影スタッフにも経済負担が及んでいるという。  コメント欄にはてんちむを応援する声が並んでいる。




東スポ


てんちむは過去、子役デビュー後に1度フル〇ードになっている。

1度でも〇ードになった女性タレントや女優は、その後にお金に困ると〇V女優に転身したり、セクシー系の仕事で活動することが多い訳だから、てんちむもありえること。例えば、壇蜜なら女優デビューする前にセクシー女優やっていた話があるし、後藤理沙ならヘア〇ード解禁して数年後の数週間前に〇Vデビューしている。あのタレント坂口〇里でも最初のギャラが2000万円だったらしいので、人気YouTuberのてんちむなら億はありえること。



てんちむはきちんとした対応をしているし、女性なら分かると思いますが半カップなんて誤差の範囲。 そもそも、今回の件はねこあやの猫が死んでしまった話で、それにてんちむは関係ないのに巻き込まれた形。そこまでならまだしも、ねこあやからてんちむの関係ない暴露がいまだに続いてる。しかし、てんちむからはねこあやの余計な暴露は一切ない。



てんちむ フルード画像 (3)

てんちむがやられっぱなしなので、てんちむの悪い部分しかでてないのでどっちもどっちに見えるが、てんちむがねこあやの悪いところは言わないだけマシかもしれない。あと、ねこあやのもコロコロ言ってることが変わるので、あまり信用するべきではないことは間違いないだろう。









スポンサーサイト