日本シリーズ2020は京セラでなぜ (4)
2020年11月21日(土) 放送、日本テレビ系・SMBC日本シリーズ2020 第1戦「巨人×ソフトバンク」
18時00分~20時54分






プロ野球日本一決定戦、日本シリーズ2020 第1戦「巨人×ソフトバンク」が今夜開幕。
今年の日本シリーズは、コロナ禍の影響による選手(特に投手)への負担を考慮して35年ぶりに「全試合DH制」を採用することになった。そして、巨人は本拠地の東京ドームではなく、京セラドームでの開催、今回の特例措置は巨人とソフトバンクのどちらに有利に傾くのか?注目されている。




今回は、なぜ日本シリーズ2020は東京ドームじゃないのか、5ch情報をまとめてみた。




■目次

日本シリーズ2020とは
日本シリーズ2020のコロナの影響
日本シリーズ2020はなぜ京セラ?

日本シリーズ2020とは





日本シリーズ2020は京セラでなぜ (2)




日本選手権シリーズ(通称:日本シリーズ)は、日本プロ野球のペナントレース終了後、クライマックスシリーズ優勝チームによって行われる、各年の日本一のプロ野球チームを決める試合。正式名称はプロ野球日本選手権シリーズ。



1949年のプロ野球のリーグ分裂を受けて、翌1950年にセントラル・リーグとパシフィック・リーグのそれぞれの当年の優勝者が野球界の「日本一」の座をかけて対戦するシリーズとして創設された。2007年にクライマックスシリーズ制度が導入され、リーグ戦の結果とは無関係に同シリーズの優勝チーム同士によって行われるようになった。



戦後に始まった事もあり、初年度以降中止になった年はない。


参照wiki




プロ野球では「ペナントレース」という、総当たりで対戦して優勝チームを決めるリーグ戦がある。そして、セントラルリーグ(セ・リーグ)とパシフィックリーグ(パ・リーグ)という2つのリーグでの優勝チームが戦って日本一を決める試合が「日本シリーズ」。



その日本シリーズに出場する権利をかけて、同一リーグ内の上位チームで戦う試合が「クライマックスシリーズ(CS)」。今シーズンは新型コロナウイルスの影響でパ・リーグのみがCSを行なった。(日程は11月14日(土)~17(火))



セ・リーグは優勝した巨人が日本シリーズに進出することが先に決定しており、パ・リーグのCSを勝ち抜いたソフトバンクと日本一をかけて11月21日(土)~29日(日)に日本シリーズを行なう。






目次にもどる

日本シリーズ2020のコロナの影響



日本シリーズ2020は京セラでなぜ (3)



今年のプロ野球は3/20開幕のはずだったが、コロナの影響もあって6/19まで3か月も遅れた。


それでも全120試合+日本シリーズもやるという強行で行った過密日程、オールスターや交流戦の中止、セ・リーグは最初からCSを行わないなど変則日程となっている。




プロ野球は新型コロナウイルスの影響で、当初は無観客試合だった。その後、規制を緩和し、観客も5,000人まで入れるようになったが、それでも大赤字。今年は選手の年俸も大幅削減される可能性が高い。



コロナのせいで特に鉄道関係や食品関係の親会社は厳しいそうで、球団自体に内部留保が少ない球団は引き締めに動いている。楽天などはすでにそれを見越して、ウィーラーや高梨ら2軍でくすぶっている比較的年俸の高い選手を放出。 今オフにはかなり多くの選手がFAすることは間違いないだろう。






目次にもどる

日本シリーズ2020はなぜ京セラ?




日本シリーズ2020は京セラでなぜ (1)

今年の日本シリーズ2020は巨人が優勝したのに、本拠地である東京ドームではなく、大阪にある京セラドームで開催される。




理由については、今年はコロナの影響で年間のスケジュールが大幅にずれ込んでいるため、福岡ドームと東京ドームは、先に日程を抑えてた都市対抗野球と日程が被っていた。



そのかわり、京セラで行うはずだったジャニーズのアイドルグループAAAのイベントが中止になったので、巨人は空いた京セラで行うことが決まったという。



プロ野球12球団全てが本拠地球場を指定しているが、形態はそれぞれで、主に3パターンある。


・球場を所有している(会社の資産として持っている)

・所有していないが、経営権を持っている。(野球場を経営する会社の株を一定量以上持っている)

・所有、経営権ともに無し

例えば阪神タイガースなどは1に分類され、阪神甲子園球場は『阪急阪神ホールディングス』の資産(持ち物)。


3に分類されるのは、
·読売ジャイアンツ
·東京ヤクルトスワローズ
·北海道日本ハムファイターズ

上記の3球団は、使用料を払って球場を使わせて貰っているわけだから、今回のような事もいつかは起こりうること。


仮にドームが本拠地でないチームが日本シリーズに進出しても、どうにか日程を繰り合わせて全試合ドーム球場で開催した可能性が高い。


11月の夜に試合するにはさずがにドーム球場以外では厳しいし、12月~1月はプロ野球の試合や球団主催の練習などをできない 決まりになっているので、ギリギリ11月中にシリーズまで終わらせる日程を組んだ結果(予定どおりだと、11/29が第7戦)京セラで行うことが決まったのだろう。



選手もスタッフも大変だったと思うが、開幕自体が危ぶまれていたことを考えれば、開催できただけでも感謝しなければならない。



もともとの公式戦の日程を全部リセットして、各球場の確保からやり直して大したトラブルもなく120試合も開催できたのは奇跡的。余談だが、日本シリーズの場所を押さえていないとNPBからペナルティが課されるのだが、コロナの影響のため巨人にペナルティはないそうだ。(過去には、2000年のダイエー(現:ソフトバンク)が日本シリーズ開催日に福岡ドームに先約を入れたため、日程通り開催できずペナルティを課された経緯はある)








スポンサーサイト