カテゴリー:ドラマの記事一覧

独女ちゃんねる

カテゴリー:ドラマ

愛を乞うひと実話ネタバレ! 篠原涼子ドラマの原作の結末を先行公開【動画】

2017年1月11日(水)放送、日本テレビ系篠原涼子主演スペシャルドラマ「愛を乞うひと」
21時00分~22時54分

愛を乞うひと


90年代は、ただのバラドルだった篠原涼子。

女優に転身して以降、その地位を確立し、今回は初の一人二役を演じることで注目を集めている「愛を乞うひと」

20年以上前に東京パフォーマンスドールとして台湾の番組に出演していた篠原涼子。地下アイドルのような活動をして波乱万丈な人生を歩んだ篠原涼子が演じる「愛を乞うひと」の実話を先行して紹介する。


■目次

愛を乞うひとあらすじ

篠原涼子プロフィール

篠原涼子の旦那

篠原涼子の旦那・市村正親は略奪婚

愛を乞うひと実話ネタバレ

愛を乞うひとキャスト



愛を乞うひとあらすじ



山岡照恵(篠原涼子)は早くに夫を亡くし、娘の深草(広瀬アリス)と暮らすシングルマザー。照恵は、生き別れた弟(ムロツヨシ)との再会をきっかけに、母・豊子(篠原涼子)から虐げられた凄惨な幼少時代(鈴木梨央(他))を深草に語り始める。

さらに、すべての真実を求め、亡き父(上川隆也)の故郷、台湾へ…そして、母・豊子(篠原涼子)に会うことを決意する。

公式サイト






目次にもどる

篠原涼子プロフィール





篠原涼子 (本名・市村涼子)

45

生年月日 1973年8月13日43歳
出生地 群馬県桐生市
身長 162 cm
血液型 B型
所属事務所「ジャパン・ミュージックエンターテインメント」


1989年、月刊「デ・ビュー」の芸能タレント募集の雑誌に応募し、オーディションに合格。合格してすぐの16歳でいきなり、ドラマ「高速戦隊ターボレンジャー」に出演し女優デビューを果たす。


その後、1990年4月、アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」(TPD)のメンバーとしてデビュー。東京パフォーマンスドールでアイドル活動をしながら、フジテレビ「ダウンタウンのごっつええ感じ」にレギュラー出演。その後、小室プロデュースの『恋しさと せつなさと 心強さと』が累計202.1万枚を売り上げ、ダブルミリオンを記録する大ヒット。


1994年「第36回日本レコード大賞」優秀賞。その年の「第45回NHK紅白歌合戦」に出場している。。


ここまでは恵まれた芸能生活を歩んでいるが、東京パフォーマンスドールを卒業、ごっつの番組終了、小室ファミリーからも活動を離れ、このあと低迷することになる。


仕事内容を、女優の脇役としてシフトチェンジしていくと『アットホーム・ダッド』『anego』が演技が評価され、完全に女優業へとシフトしてからは、また再び息を吹き返す。そして、女優としての評価を決定的にしたのが『アンフェア』と『ハケンの品格』での主演で内容や視聴率ともに女優としてその地位を確立させた。





目次にもどる

篠原涼子の旦那





市村正親 (いちむらまさちか)
41
生年月日1949年1月28日
出身地 埼玉県川越市
血液型A型

1973年、劇団四季「イエス・キリスト=スーパースター」のオーディションを受け合格。ミュージカル俳優として1974年正式に劇団四季へ入団。1984年、劇団四季の女優・八重沢真美と結婚している、。

数多くのミュージカルに出演し1980年代の劇団四季を代表する看板俳優になるも、1990年に劇団四季を退団。篠原涼子と市村正親は「劇団四季」退団後、まだ離婚が成立していない段階で交際に発展していく。





目次にもどる

篠原涼子の旦那・市村正親は略奪婚




旦那の市村正親と篠原涼子が知り合ったのは2001年にミュージカル舞台で共演した際に交際に発展している。


この時点では市村正親は離婚が成立しておらず、2003年に離婚成立している。
そして、篠原涼子とは2005年12月8日に結婚。交際が始まった時には既婚者になるので妻「不倫略奪婚」と言われている。だが、市村正親は嫁の八重沢真美とは別居中で、離婚に向けて既に協議中だったので、「直接の離婚原因が篠原涼子ではない」と否定するファンもいる。当時の週刊誌では不倫略奪婚とバッシングされたが、現在は女優としての評価が上回った活躍を見せている。




目次にもどる

愛を乞うひと実話ネタバレ



C12D1v0UAAA3tps

下田治美の小説「愛を乞うひと」を原作をにした今回のドラマ。
1998年に映画化され、幼児虐待という凄惨な記憶から逃げていた娘が50年の時を経て再び過去に対峙する、母と娘の愛憎を描いた人間ドラマ。母親から受けた凄まじい虐待という幼児体験から、母を捨て、過去を心の奥に封印するという子どもへの虐待シーンが凄まじい作品になっている。


映画「愛を乞うひと」は1998年「踊る大捜査線」を抑え、日本アカデミー賞最優秀作品賞に輝やき、日本映画の数々の賞を受賞。



母親が娘を虐待するシーンはとてもリアルで苦しい辛い気持ちにさせられ、授賞式の他キャスト達のコメントで、虐待する方の母を撮影している期間は鬼気迫り、皆怖くて近付けなかったという。

映画としては珍しくセリフが少ないが、俳優の表情や僅かな発言で「虐待の恐ろしさ」、残忍さが映像から伝わってくる。幸せな家庭に育った方には、なかなか伝わりにくい表現だが、虐待されて育った人が見ると、ある程度自己解決した後じゃないとフラッシュバックするかもしれない。


原作では、篠原涼子が演じる豊子は父親と別れてから、 次々と男を変えていく。 そして豊子自身が男に捨てられる事のショックから「娘を虐待する」ことで男への復讐していた。

豊子自身も辛い人生を歩んでいるが、娘には頼れるのは母親のみ。その母親からの虐待は地獄そのもの。


どんな酷い親でも、子供は親に愛を乞う。
タイトルの「愛を乞うひと」は照恵であり、豊子でもある。


照恵にとっては、肉体だけでなく、精神的にも自分を傷めつけ追いつめた、憎い母親。

それでも、たった一人の母親の愛は欠けがえのない、代わりのない愛情を求め続けた。一方、豊子もまた、愛に飢え、探し続ける。しかし不器用ゆえに、子供たちを傷つけ、男たちを傷つけ、やがて自分自身をも傷つけてしまう。


「母親に優しくしてもらいたかった」


と吐露する照恵に「お母さんはやさしいよ」と明るく優しい娘の存在が結果的に救われていく。


今まだ渦中にいる子、過去のトラウマに苦しんでいる実話をテーマにいした「愛を乞うひと」は、虐待は連鎖するが、自分の意思で断ち切れるというメッセージが込められている。親を憎んでいる自分を嫌悪して生きなくて良い。「親に愛されない=価値のない人間じゃない」いつかちゃんと誰かを愛せるようになる。


とにかく生き抜くことで、笑って暮らせる日を健気に待つ。
タイトルとなった「愛を乞うひと」とは、照恵の豊子に対する思いと、豊子の前夫(への思いなのだろう。


ネタバレとなる結末は、母親との再会。
「辛くて痛い思いばかりしたけど、それでも母親が大好きだった。」

決して明るいテーマではないけど、観終わったあと、清々しさと、愛する人、家族・友人・恋人が、傍にいることの幸せを感じることのできる作品となっている。





目次にもどる

愛を乞うひとキャスト



bandicam 2017-01-11 20-44-29-240
山岡 照恵・陳 豊子 – 篠原涼子
山岡 深草 – 広瀬アリス
陳 照恵 – 鈴木梨央
許 育徳 – 杉本哲太
和知 武則 – ムロツヨシ
山岡 裕司 – 平山浩行
中島 武人 – 寺島進
和知 三郎 – 豊原功補
許 はつ – 木村多江
陳 文英 – 上川隆也


目次にもどる



この記事の続きを読む

京谷和幸「君に捧げるエンブレム」実話モデルの交通事故飲酒運転疑惑と車椅子バスケットボール選手の原作を先行公開【動画】

君に捧げるエンブレム1

新春ドラマスペシャル「君に捧げるエンブレム」
2017年1月3日(火) 21時00分~23時30分

嵐の櫻井翔が主演の車イスバスケと夫婦愛を描いた作品「君に捧げるエンブレム」。


モデルとなった車椅子バスケットボール選手の京谷和幸の実話となる。

足が動かなくなりサッカーができなくなって、生きがいを失わず車いすバスケに励む姿に尊敬の念を描く。2000年、シドニーパラリンピックからパラリンピック日本代表となった京谷和幸。

京谷和幸1

パラリンピック競技となる車イスバスケは、オリンピック競技と同じ競技名でも特有のルールがあり、ルールを知らないで見ると、なにがなんだかわからない状態になる。


日本では車いすテニスで有名になった国枝選手。
テニスの国枝慎吾選手クラスになると、CMにも出ているし、ユニクロなどスポンサー等ついているので大会参加(交通費その他諸々)にかかる費用の人負担は無い。優勝すれば賞金(年間3000万円ぐらい)も出るし、テニスである程度生活できる。しかし、他の障害者スポーツでは賞金が出るようなスポーツはないので、障害者スポーツで生計を立てている人は殆どいない。


そんな車椅子バスケのプロ選手となった京谷和幸の苦悩を描く「君に捧げるエンブレム」の実話が放送されるに先駆け、京谷和幸の半生と「君に捧げるエンブレム」のあらすじを紹介する。



■目次

「君に捧げるエンブレム」あらすじ

「君に捧げるエンブレム」の実話のモデルとなった京谷和幸

車いすバスケットボールとは

京谷和幸の活躍と現在

「君に捧げるエンブレム」キャスト



「君に捧げるエンブレム」あらすじ




主人公の鷹匠和也(櫻井翔)は幼少の頃から注目を浴びてきた天才サッカー選手。

Jリーグに入団し、23歳で念願のサッカー日本A代表にも選ばれ、自慢の婚約者・仲川未希(長澤まさみ)との新居も構え、まさに順風満帆、栄光の人生をその足でひた走ってきた。 ところが、結婚式の衣装合わせを控えたある日、和也は事故にあい、脊髄を損傷する大怪我をおってしまう。

立てない、歩けない、一生を車椅子で過ごさなければいけない…。
「この2本の脚さえあればオレはどこでだって生きていける」そう思ってやまなかった和也につきつけられた過酷な現実。人生そのものを失ったに等しい絶望のどん底にいた彼に、未希が差し出したのは婚姻届だった。


以前と変わらぬ態度で接する未希に支えられ、驚異的なスピードでリハビリを克服していく和也。 だが、結婚に反対する双方の家族、世間のあわれみの目、何より弱者になってしまったことを受け入れざるを得ない自分自身…、サッカーに代わるものなど見つけられず、先の見えない人生に、なすすべもなくいら立つことしかできずにいた。


そんなある日、リハビリセンターの体育館で、偶然、車椅子バスケを目撃する和也。

激しいボール、床をこするタイヤの焦げた匂い、戦車のような車椅子、ぶつかりあう屈強な男たち。そして、その熱気…。吸い込まれるように見入っていた和也の手に、「やってみますか?」と一つのボールが手渡される。

「妻に誇れる男でありたい。生まれてくる子に誇れる父でありたい。自分に誇れる人生を歩みたい」。パラリンピック日本代表選手を目指す和也の新たな挑戦が始まった…。



公式サイト





目次にもどる

「君に捧げるエンブレム」の実話のモデルとなった京谷和幸


京谷和幸

京谷和幸(きょうやかずゆき)
生年月日 1971年8月13日45歳
出身地 北海道室蘭市


幼少の頃からサッカー選手に憧れ、小学校2年の時にサッカークラブに通う。その後もサッカーを続け、室蘭大谷高校サッカー部時代には3年連続で全国高校サッカー選手権大会に出場。高校2年でユース代表、3年時からバルセロナ五輪代表候補に選ばれた将来のプロサッカー選手を約束された逸材だった。

京谷和幸2
高校卒業後の1990年4月に古河電工に入社し、1991年5月に東日本JR古河サッカークラブ(現ジェフユナイテッド市原・千葉)とプロ契約。


プロサッカーが始まったJリーグの開幕した年1993年11月28日午前4時40分、車を運転中に脇から急に出てきた車を避けようとして電柱と正面衝突し脊髄を損傷。下半身不随となって車いす生活になり、サッカー選手を引退をせざるえなくなってしまった。



※この時、京谷和幸の交通事故が、電柱と正面衝突という事故だったために、飲酒運転をしていたのではないか?とネットの噂になっている。
しかし、実際に脇から急に飛び出してきた車をよけてぶつかったという事故検証がされているので飲酒運転ではない。


車椅子生活になってからも交際していた会社の同僚だった陽子さんと結婚。
1994年、身体障害者手帳の交付を受けるため訪れた浦安市役所の福祉課で受付をしていた車いすバスケットボールの元日本代表ヘッドコーチ小滝修と出会いがきっかけで車いすバスケットボールを始めることになる。





目次にもどる

車いすバスケットボールとは




通常のバスケットとはルールは違うところが多々ある。


まず、選手がクラス分けされているということ。
選手の障害の大きさによって判断され、1.0から4.5まで0.5ずつクラス分けされている。基本的には1.0から4.0までのランクがあり、そこに1.0ずつクラス分けされて、障害が大きい選手ほど大きい数字になっていく。その中で身体能力が高い選手は0.5加算されていく方式。

なので、最高4.5は健常な人に近い状態になる。
(京谷和幸はもっとも重い1.0クラスに分類)



ルールとしてチーム全体で14.0を超えては駄目なので、「障害の少ない選手だけでチームを組むことは出来ない」という重度な障害を持つ選手も参加出来るようなシステムを取っている。選手の障害も様々で、例えば足切断などで「義足を使えば健常者と同じくらいの生活が出来る選手」と「慣れなければ座るのも大変な選手」が同じ障害にしてはチームのバランスが取れない。

しかし、選手がゴールを決めればどの選手も同じ得点。
1.0の重度な障害の選手がシュートを決めても、2ポイントが3ポイントになることはない。



大きく違う点はトラベリング。
車椅子バスケの場合は、ダブルドリブルはない。そしてドリブル1回につき「車いすのタイヤを2回操作」出来る。


車椅子にも規制があり、シートの高さは最高で53cmと高さ制限がされている。

障害の重い選手は、深く座らなければ上半身のバランスが取れないので、バランスを崩したときに障害の軽い選手は上半身でたて直せるが、重い人はそれが不可能なので、高さ制限のルールを設けている。


椅子の位置を高くすればシュートポイントが高くなるし、リバウンドのときに高い位置で取れるなど、普通のバスケで言う身長の高い選手と同じような利点が生まれるが、重心の移動は難しくなるので、そこは選手個人に合った高さを53cm以下から選んでいるようだ。








目次にもどる

京谷和幸の活躍と現在



京谷和幸3
元々スポーツ選手だったこともあり、車椅子バスケットボールチーム千葉ホークスに加入すると同時にすぐにその才能を発揮する。


1969年労働災害者の訓練施設「千葉作業所チーム」として誕生した車椅子バスケットボールチーム「千葉ホークス」。京谷和幸が加入以降、全国大会でも数多くの優勝を成し遂げる。京谷和幸個人としてはパラリンピック2000年「シドニー」、2004年「アテネ」、2008年「北京」、2012年「ロンドン」日本代表として出場しており、その中心選手として活躍。


現在は車いすバスケを引退しており、指導者として2020年東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて、車いすバスケットボールの若手育成にも力を注いでいる。






目次にもどる

「君に捧げるエンブレム」キャスト


君に捧げるエンブレム


鷹匠和也(櫻井翔)
香川照之幼少の頃から注目を浴びてきた天才Jリーガーで日本A代表、婚約者・未希との新居も構え、まさに順風満帆な人生を送っていたが、不慮の事故により両足の機能を失ってしまう。事故後、いったんは深い絶望の淵に突き落とされるも、自身の不屈の努力、周囲の協力、そして妻の支えを受け、車椅子バスケの選手に。車椅子バスケ選手としては最も障害の重いクラスのプレイヤーで、スピードや運動量は他の選手に劣るが、サッカー選手時代にミッドフィールダーとして活躍した経験を活かし、日本代表を目指す。 前向きで楽天家、さわやかな笑顔で周囲にわがままを納得させてしまう天性の人たらしでもある。そして極度の負けず嫌い。そんな和也の何よりも魅力的なところは決して困難から逃げない強さである。




仲川未希 (長澤まさみ)
和也の婚約者。和也と知り合った時にはサッカーにまるで興味がなく、日本代表の10番を背負う和也のことも知らなかった上、そのヘラヘラとした態度に嫌悪感を示していた。だが、和也のことを知るにつれ、それがストイックな本性を知られたくない彼なりの照れなのだと知り、好感を持ち始める。今では誰よりも努力家である和也の良き理解者。 気が強く、姉さん女房的性格で、ときに和也にすら有無を言わせない決断力を見せる。和也が事故で両足の機能を失ったことを受け、両親の強い反対や、経済的問題などからいったんは結婚に迷いを見せるも、その後、和也への強い思いを再確認し、和也を支えていく。


向井大隼(市原隼人)
車椅子バスケ・チーム“Wings”の得点王。片足を切断しているが、それ以外は健常者同様の身体能力を持ち、チームの要として活躍している。実は転移性の癌(がん)を患っており、いつ選手生命を絶たれてもおかしくない状態で、それゆえ生き急ぐようにハードにバスケに取り組んでいるが…。



鶴田仁志(田中哲司)
未希が障害者手帳の手続きをする際に対応する朗らかな市役所の職員。スポーツを通じて障害者に積極的な人生の可能性を示したいと考える鶴田は、自身も車椅子バスケのベテラン選手であり、新興チーム“Wings”を主宰、和也を車椅子バスケの世界へと引っ張り込む。



仲川明生(小林薫)
未希の父親。両足の機能を失った和也との結婚に反対する。駅の助役として私鉄に勤めるサラリーマンで、地道に働くことを美徳とする真面目な父親だ。先の見えない和也との結婚は、心を鬼にして絶対に許さないと決めているが…。


鷹匠和歌(倍賞美津子)
和也の母。地元で小さな工務店を営む夫を支え、和也を育ててきた主婦。控えめな性格であり、自分には取り立てて取り柄もない人間であると考えているが、和也のことだけは心から誇りに思い、常に応援し続ける。和也と未希の結婚も楽しみしていたが…。


向井史子(かたせ梨乃)
大隼の母。シングルマザーとして女手ひとつで大隼を育ててきた。気っ風のいい負けず嫌いな性格で、自らも癌(がん)を患っているが、大隼にもあえて明るく強く振舞う強い母親。だが奥底には、幼い頃から病気を患う息子に対し申し訳ないという思いを抱えていて…。

神村錬(安藤政信)
車椅子バスケ日本代表、不動のエース。車椅子バスケ黎明期からスターとして君臨し、明るく豪快な性格を持つ太陽のような男だ。和也と大隼にとっての永遠のライバルであり、立ちはだかる最大の壁となる。

福本廣太郎(香川照之)
和也がまだ高校生だった頃からそのサッカーの才能にほれ込み、自腹を切って追い続けてきたスポーツ紙記者。不慮の事故で選手生命を絶たれた和也…その車椅子姿を目にした福本は、この先彼の記事を書くことはもう無いのだ、と悲嘆するが…。



目次にもどる



この記事の続きを読む

ビリギャル本人の現在とモデルとなった小林さやかさんの勉強方法が判明【画像】

ビリギャル02
2016年12月26日(月)放送、TBS系列・映画年末特別企画「ビリギャル」地上波初ノーカット版
21時00分~23時25分



偏差値30の金髪ギャルが慶応大学を1年間の勉強で入学した実話「ビリギャル」



ラストがどうなるのか「合格して終わり」とネタバレしているような映画なのに、主人公が勉強を頑張り「慶應を諦めよう」としたように、人は困難にぶち当たったとき、逃げるか立ち向かうかと人生模様が感動をよんだ作品。



「逃げていいんだよ」と逃げは恥だが役に立つ的な風潮が広がりつつあるように、そのスタンスも大切だが、やっぱり基本スタンスは「立ち向かう」という構えでいた方が見ていて感動を呼ぶ。
逃げた方が効率的ではあるが、立ち向かいたとえ失敗したとしても、その経験はとても大切な思い出となる。


逃げた方がいいのか、立ち向かった方がいいのか、正しい答えはわからないが、少なくとも「立ち向かうこと」は改めて素晴らしいことを教えてくれる「ビリギャル」。


しかし、実話のモデルとなった人物は、とても映画で登場するような「落ちこぼれ」ではなかったとネットで噂になっているので、今回はビリギャル本人のその後や現在を放送されるに先駆け、先行して紹介する。





■目次

「ビリギャル」あらすじ

「ビリギャル」とは

「ビリギャル」モデルとなった本人・小林さやかさん

「ビリギャル」モデル本人となった小林さやかさんの勉強法

「ビリギャル」の現在

ビリギャルは実話ではない?



「ビリギャル」あらすじ


ビリギャル03
高校2年生のさやか(有村架純)は偏差値30。

成績は学年ビリ、心配した母親のああちゃん(吉田羊)は、さやかに塾に入ることを提案。


金髪でへそ出しルック、知識は小4レベルのさやかだが、塾講師の坪田(伊藤淳史)と出会い、偏差値70の超難関・慶應大学を目指すことを決意!猛勉強を始める。学校の教師(安田顕)や、父親(田中哲司)は鼻で笑うが、支えてくれる人のため、さやかは慶應大学合格にむけ走り続ける・・・


公式サイト






目次にもどる


「ビリギャル」とは



ビリギャル01

「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」
となっているが、正確には「東大、京大への進学できるほどの中高一貫のお嬢様学校・愛知淑徳高校で学年ビリの帰国子女ギャルが、1年半かけて校内偏差値を40上げて英語・小論文2科目受験の慶應大学SFCに現役合格した話」


なので、普通の公立高校で学年ビリが慶応大学に入ったわけではなく、元々英語が得意だったものを他の科目を底上げして受験合格基準に押し上げたというのが正解になる。


しかし、愛知淑徳高校は格式高い学校なので「授業中の居眠り」など許されない。映画内にあった、手のつけられないくらいの不良というのは誇張されていると推測される。また、他の生徒の邪魔にならないように、ほっておかれたのかもしれない。



卒業生の多くが有名大学に進学するが、実際にビリでは慶應大学どころかエスカレーター式で上がれそうな愛知淑徳大学にすら進学できない。


ビリギャルは中学受験を経験しているので、学力としての素地はあった。しかし、中高と遊んでばかりだったということから、学力的には小学生程度に戻ってしまっていた。人間は、心が怠惰になるとそれまで身に着けていたはずのものがすぐには出てこなくなる。



だけど、もともと素質はあったので、その気になれば、中学受験までの回復は著しく早かったものと想像できる。ビリギャルが凄かったのは、その後の「大学受験に対する取り組み方」。そして、最も最適な方法を塾の先生が選んで支援をうけたことは事実なので「ビリギャル」がヒットした理由にもなる。






目次にもどる

「ビリギャル」モデルとなった本人・小林さやかさん



ビリギャル


「ビリギャル」のモデルとなったのは小林さやかさん。
通っていたのは愛知淑徳高校という愛知県のお嬢様中高一貫校。偏差値60を超える進学校で、東大に進学する人を多く輩出している。だった少女が、ある予備校の先生と出会ってから一生懸命に受験勉強をして、現役で慶応大学SFCの総合政策学部の受験に合格した。



なので、小林さやかさんは「エリート中のバカ」だった。

小林さやかさんは、浪人や予備校に通うことなく慶応大学に現役で合格。その代わり在学中から塾に通い、塾の先生も勧めもあって、学校の授業は無視した形で独自の勉強法を取り入れ、 受験科目にない科目の授業には、目もくれず、受験のためだけの勉強を学ぶ。


この本の著者の 「坪田先生」 は、「Storys.JP 」というブログ記事の中で、学校の授業は「学校側の都合でプログラムが作られている」 訳なので、それに合わせるのもおかしいという意見、やりたいことが明確に決まったビリギャルには、必要のないもの。


ビリギャルは学校の先生たちからは、「慶応目指すとかいってるらしい(笑)」 とか鼻で笑われたそうだ。
学校一の問題児が「慶応を目指す」のだから当然といえば当然なのだが、学校の勉強や学校の先生では「受験に役に立たない」証明にもなった。




目次にもどる

「ビリギャル」モデル本人となった小林さやかさんの勉強法




※TBS「金スマ」で放送された小林さやかさんのエピソード


「ビリギャル」こと小林さやかさんは、小6で受験をして、お嬢様進学校に入学。
入学後は勉強せずに好きなこと三昧で、高校2年になった頃には学年ビリ。(普通にしておけば、付属の大学までエスカレーター式に行けたかも知れない)が、校則違反がたび重なり、素行不良で内部推薦は不可能になってしまい、その上成績もビリ。




「このままでは行ける大学がない!」


という段階にまでになって焦ったときに、母親に勧められ高2の夏に入塾。

この頃のビリギャルの両親はとても仲が悪く、父親が非協力的だったので、母親がパートを増やしたり、結婚指輪を売ったりして、塾の費用を捻出。母親への感謝はより一層深くなり、結果、より猛勉強へと向かう決意になる。


小林さやかは中学受験時に勉強しているので、「地頭が良い」ので、入塾後、約3週間で中学英語をマスター。高3の9月には、英語の偏差値は70超えていた。


但し、他の科目は伸び悩み、9月のこの時点で慶應合格はE判定。(明治はC判定)


その後、坪田先生指導のもと更に努力を重ねて、12月の模試では、総合偏差値が60超える。(その頃の高校のテストでは、全ての文系教科で平均点以上、模試は学年3位の成績)最後の1ヶ月は、徹底して過去問演習、弱点補強に費やしたそうだ。


入試本番数週間前には、慶應文学部の過去問は90%以上、上智大の過去問は100%近く解けるまでになっていたが、坪田先生いわく「合格は五分五分」というところだったようだ。



入試は全て一般入試。
結果は、滑り止めの明治(政経)と関西学院は合格。上智大は、過去問の傾向とは全く異なり、英語の難易度が高く不合格。



慶應は4学部を受験。
理系関連の問題は全くやって来なかったので、結果は当然のように不合格。



そして、本命は慶応文学部。
過去問を解いた結果、ここが一番「受かる可能性」があった。
なのに試験当日、体調を崩し、トイレ往復。問題を解く時間が無くなって集中も出来ずに、不合格。



ラストは総合政策(慶應SFC)のみ。

試験は選択1科目(英語を選択)と小論文の二つ。小論文の過去問は、あまり良い出来ではなかったが、この時すでに「受かることはない」と緊張感がとれていたことで、リラックスして試験に臨んでいたこと、さらにちょうど坪田先生と塾で話したばかりの時事ネタが役に立ち、予想以上にどんどん書けて、見事合格。


結果、「有名高校のビリから慶応SFCとかいうとこに入った」ビリギャルが誕生する。






目次にもどる

「ビリギャル」の現在




小林さやかさんは帰国子女で「英語が得意だった」という噂について本人は否定している。(本や映画でもそれを確信させるシーンがある)話を盛ったのか、真相は不明だが、ビリギャルの出身校と言われているところは、現在は進学校として知られているが、10数年ほど前まではスポーツ学校として知られていた。



確かに中学受験で2か3科目のみで受かったとはいえ、中学受験成功者であるのは間違いない。その後にサボってしまい、学年ビリにいたことは間違いない。



ビリギャルを教えていた坪田先生は、「ビリギャル」が売れてから自分が勤務している塾の名前を青藍義塾から坪田塾に変更。さらに現在では、名古屋に東大専門の学校を設立しようという計画まで進行しており、他にも様々なビジネスに手を出し、一気に成功者になった。




小林さやかさんは慶応大学を卒業後、東京に上京し就職。しかし、退職して愛知県名古屋でウェディングプランナーとして働いていたところ、仕事関係で知り合った男性と2014年7月に結婚。お互い尊敬し合って、お互いに立て合っていく幸せな家庭を築いている。




目次にもどる

ビリギャルは実話ではない?




坪田先生を擁護するつもりはないが、当初はこんなに本が売れたり話題になるとは思ってなかったはず。だから、内容を多少「盛っている」箇所がある。



確かに、慶応でも経済に合格したわけではなく、英語(マーク)+小論文の総合政策なので、目標の経済に合格できてない。


「慶応のどこかに入学する」だけが目標だったのかは不明だが、それまでの生活に比べると「目標を持って努力する」という姿勢は教育できたのは間違いない。さらに「慶応に入る」目標達成したので本人には成功体験もできたし、これから困難があっても努力するという思考になれるはず。


大学の名前で本人の価値は決まらないが、「努力は必ず報われる」という証明にはなった作品になっている。



目次にもどる




この記事の続きを読む

「ベイマックス」ネタバレ地上波初放送の結末ラストを先行公開【動画】


2016年12月23日(金)放送、日本テレビ系・金曜ロードSHOW!「ベイマックス」
地上波初放送 
21時00分~22時54分



ディズニー初の日本人が主人公で日本が舞台の映画「ベイマックス」が地上波初放送。


 
2014年の公開当初は大きな話題になった感動作。
主人公の少年は、社会性のない、ロボット工学の天才。事故死した兄の開発した介護ロボット、そして兄の大学の同級生とともに、兄の死の真相を探し、町を脅かす巨悪と対決しながら、成長していく。


さすがは「ディズニー」といった印象が強く映像、演出、ストーリーテンポがわかりやすい内容で、大人から子供まで幅広く層に楽しめる作品になっていてとても評価が高い。


日本の景色とは若干違和感を感じるがあくまでフィクションで近未来なので、日本をもっと再現が高いと、もっと作品の世界観に引き込まれていたのかもしれない。



「ベイマックス」は脚本がかなり長い間、審議されたようで、NHKの特集でも放送されていたが、公開ギリギリまでラストへの展開を話し合ってたそうだ。それなのにこのクオリティなので、アメリカ映画の底力の凄さがよくわかる。
ベイマックス01


ベイマックスの本当の使命は、人を「傷つけないこと」。



ベイマックスはドラえもんのようなイメージがあるが、主人公を守ることではなく、傷つけないこと。それは似てるようで違う。主人公もその事に気づいたから、ベイマックスの使命を全うするために最後の決断をする。


人を傷付けないベイマックス、ベイマックスそのものが死んだ兄からのメッセージだったと気づかされる主人公はベイマックスとの別れ、そして再会にストレス社会で生きる現代人には、こみ上げてくる感動を味わえることは間違いなし。


観終わった後、「心があったかくなる」映画となっている。



今回は、「ベイマックス」地上波初放送に先駆け、ネタバレの結末とベイマックスの正体を先行して紹介する。




■目次

「ベイマックス」あらすじ

ベイマックス原作

ベイマックスのネタバレ結末

ベイマックス声優キャスト




「ベイマックス」あらすじ





14歳のヒロ(本城雄太郎)は、ロボット工学の天才。幼い頃に両親を亡くし、大学生の兄・タダシ(小泉孝太郎)と共に叔母のキャス(菅野美穂)に育てられた。


類まれな頭脳を違法なロボット・ファイトに費やしていたある日、タダシのお陰で夢に目覚めたヒロは、無限の可能性を持つ“マイクロボット”を開発。

大学の研究発表会で注目を浴び、ヒロはタダシの恩師・キャラハン教授(ジェームズ・クロムウェル)から大学への飛び級入学を許可されることに。しかしその夜。会場で謎の大爆発が起こり、キャラハン教授を救おうとしたタダシが命を落としてしまう!!


最愛の兄を失ったヒロの前に現れたのは、タダシが開発したケアロボット・ベイマックス。人の心の傷を癒す機能を持つベイマックスと行動を共にすることになったヒロは、ベイマックスに導かれて町はずれの倉庫へ。


そこではタダシと共に灰になったはずの“マイクロボット”が大量に生産されていた。タダシの死には、自分が知らなかった謎が隠されているのかもしれない…!!ヒロは癒し機能しか持たないベイマックスに戦闘能力をインストール。“マイクロボット”を操る敵と戦おうとするが…!?


公式サイト



目次にもどる

ベイマックス原作



原作はアメコミ「サンファイア」
ベイマックス02
そのコミックの中に「ビッグヒーロー6(Big Hero 6)」という1998年に日本政府が結成した独自のスーパーヒーロー・チームが存在し、ベイマックス主人公となった日本人のヒロがいる。 リーダーには国民的英雄サンファイア、ギリ・インダストリアル・コーポレーションがチームをバックアップする組織として働くこととなった。

兄を亡くし、ひとりぼっちになり深く心を閉ざしたヒロの前に現れたのは、つぶらな瞳と空気で膨らんだ白くて大きな体を持つ「ベイマックス」。亡き兄タダシが、人々の心と体の健康を守るために開発したケア・ロボットとして登場する。

ベイマックス03
原作のベイマックスとは違い、原作ベイマックスはヒロを助けるために戦うが、ディズニーのベイマックスは「ヒロを守るために存在」する。




目次にもどる

ベイマックスのネタバレ結末


ベイマックス

天才メカニック少年ヒロ。

大学入学レベルの科学に対する高い技術・知識が持ち合わせているのにも関わらず、卒業後は その技術を持て余し「闇ロボットバトル」に熱中していた。

しかし 心配する兄タダシの薦めで自身の研究室と 科学に対して情熱的な仲間達、ケアロボット「ベイマックス」と出会う。そこにヒロが憧れるキャラハン教授を紹介され、兄と同じ大学に入る事を 固く決意。

その為の「研究発表会」で自身の実力を証明する為に奮闘し、仲間達の援助もあり、遂に念願のマイクロボットを完成させる。

発表は見事成功し、更に一流企業の社長クレイからもスカウトされるが、これを断り、無事入学が確定する。これにより、兄弟の友情が更に深まったのだが、発表会場が突然の炎上、教授が残された事を知り 火事場に飛び込んだタダシはヒロの前で爆発により、還らぬ人となってしまう。



ヒロは悲しみに打ち拉がれる日々が続いていた。
そんな時、不意な事から タダシが家に置いていたベイマックスが現れ、ヒロの「心の痛み」を察する。

ベイマックスの過保護といえるケアをうけるヒロ。発表会で披露したマイクロボットの一体が何かに反応している事を発見し、それをヒロの為に解決しようとして、外へ出てしまうベイマックス。


ヒロもそれを追う内、二人で 一つの廃工場に行き着く。

そこで二人は「仮面を被った男」が企む「恐ろしい計画」を知ってしまう。
そこで、ベイマックスとヒロは、「仮面を被った男」を調べ、ある島の中に反応が出ること発見する。二人はその島に潜入するのだが、そこに仮面を被った男に襲われながらも、ヒロは男の仮面を剥がすことに成功する。

その男の正体は死んだと思われた「キャラハン教授」だった。



キャラハン教授はわざと火事を起こし、すべてを隠ぺいしようとしたが、ベイマックスは人を守るために作られたロボットなので、ヒロがピンチでないと「戦うこと」が出来ない。そこでヒロが考えたのが、ベイマックスに埋め込まれているデーターチップを抜き取り、戦闘用チップに入れ替えてキャラハン教授を攻撃しようとしたが、仲間に止められてしまう。


ベイマックスはキャラハンを止めようとするが、マイクロボットの瞬間移動装置に吸い込まれてしまう。すると、ベイマックスが瞬間移動装置の中から生命反応で輝きだす。



ヒロは、ベイマックスを助けるため瞬間移動装置の中に飛び込みむが、吸い込まれたゴミの破片がベイマックスに衝突して破損。ベイマックスは自分の指名であるヒロを守るために、ヒロをポッドに乗せ、腕のロケットパンチで外の世界へ飛ばす。

ベイマックスを残し、ヒロたちは脱出成功。
ロケットパンチでヒロたちを飛ばして、そのロケットパンチの手のなかにはヒロのプログラムディスクがはいっていた。


後日、キャラハンは逮捕され、ヒロはベイマックスがいない部屋である機械を開発している。


ヒロは「機械を開発してベイマックスを捜索、迎えに行く」


そして、ベイマックスの残骸の中にチップを発見したヒロ。 このチップを元に、ヒロはなんとベイマックスを見事、蘇らせ再会。大切な友達との再会を果たし、エンドロールが流れる。





目次にもどる

ベイマックス声優キャスト




<ヒロ> 本城雄太郎

<ベイマックス> 川島得愛

<フレッド> 新田英人

<ゴー・ゴー> 浅野真澄

<ワサビ>  武田幸史

<ハニー・レモン> 山根 舞

<タダシ> 小泉孝太郎

<キャスおばさん> 菅野美穂

<ロバート・キャラハン教授> 金田明夫

<アリステア・クレイ> 森田順平




目次にもどる



この記事の続きを読む

「逃げ恥」最終回ネタバレ漫画の原作結末を先行公開【動画】

逃げるは恥だが役に立つ

2016年12月20日(火)放送、TBS火曜ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」最終回SP
22時00分~23時09分



ガッキー新垣結衣と星野源の「恋ダンス」で話題になった「逃げ恥」がついに最終回。


「逃げ恥」の主人公の二人が家事代行業による雇用契約を交わし、対外的には夫婦という設定で過ごす。実は、入籍しない契約結婚(事実婚)で、社会保険の運用面では事実婚による扶養制度が使えるし、会社から扶養家族手当ももらえるるという、メリットのある生活をする二人。


新垣結衣が「自分たちがやろうとしていることは、いけないことかも」と後悔をするも、星野源が「逃げるは恥だが役に立つ、というハンガリーの諺があります。たとえそれが逃げる形であり卑怯だとしても、生き延びるほうが大事です」と諭し、二人の奇妙な生活が始まった「逃げ恥」



星野源のテーマ曲「恋」と「恋ダンス」は、「ドラマ出演依頼が一年前に来ていて、すぐに原作漫画を買って読んだ」と取材に答えているように、原作のイメージのまま作曲された。なので、「逃げ恥」ドラマのための書き下ろし作品で、レコード会社もドラマ制作の最初から加わって、企画の段階から相乗効果を狙った「ドラマと曲の要素に繋がり」をもたせている。


「逃げ恥」を見ていたらキャストも見ている視聴者がホントに楽しく楽しめ、よく仕上がっているので、最終回も盛り上がってくれること間違いなし。



今夜の放送に先駆け、「逃げ恥」最終回を先行して紹介する。






■目次

逃げ恥あらすじ

「逃げ恥」最終回あらすじ

「逃げ恥」は2chでも大人気

「逃げ恥」最終回ネタバレ

「逃げ恥」最終回の登場人物





逃げ恥あらすじ





逃げるは恥だが役に立つ02

大学院を出ながらも就職難で派遣社員になった森山みくり(新垣結衣)は、いわゆる派遣切りに遭い、無職の身となってしまう。


求職中の娘を見かねた父は、家事代行サービスを利用していた元部下・津崎平匡(星野源)が折りよく代行の会社を替えようとしていたところを頼み込んで、週1回の仕事を取り付けてくる。 気難しい性格で、あまり他人に構われることを好まない津崎だったが、みくりとは適度な距離感を保って良好な関係を築く。

だが、定年を機に田舎へ引っ越すという願望を両親が叶えることになり、現状を維持したいみくりは津崎に「就職としての結婚」を持ちかけ、その提案にメリットを感じた津崎は了承し、2人は契約結婚という道を選ぶ。


公式サイト



目次にもどる

「逃げ恥」最終回あらすじ




津崎(星野源)からのプロポーズを、愛情の搾取だと断わってしまったみくり(新垣結衣)。
二人の生活には暗い雰囲気が流れていた。一方、百合(石田ゆり子)と風見(大谷亮平)も、風見からの告白により、新たな展開を迎えようとしていた。

さらにみくりは、商店街の青空市に向けて、自分の仕事に対する思いを再確認し、津崎にその考えを話し始め…。





目次にもどる

「逃げ恥」は2chでも大人気



基本的に否定的な意見ばかりの2chでも「逃げ恥」は好評のようで、放送時のスレの勢いは今期のドラマの中で1番。恋愛ドラマは女性向けに作られているのが基本だが、2chではガッキー効果なのか男性ファンの多い。



今期のなかでは、完全新作で首位争いをしていた日テレ「地味にスゴイ!校閲ガール河野悦子」を抜いてしまい、堂々の1位。
全体的に視聴率がいい結果なのは、女性だけじゃなく男性にも支持されているのが要因といえよう。


エンディングの公式動画「恋ダンス」は6000万再生数を超え、関係者もここまで人気が出るとは思ってたなかったようで、番宣もほとんどしていなかったのにこの結果。ただ、星野源は去年の時点でシングルとアルバムがヒット、紅白に出ているし、ブレイクはしていた人気のあるアーティストなので、逃げ恥をみるきっかけなったのもある。

星野源がフジテレビ[FNS歌謡祭」に出演した時の瞬間視聴率が16%を超えたというので、「逃げ恥」効果なのか、更に人気獲得につながったようだ。





目次にもどる

「逃げ恥」最終回ネタバレ




原作は、「逃げ恥」が掲載されている月刊誌「Kiss」12月24発売2月号に最終回(第43話)が掲載され、本編が終了する予定。なので、原作でまだ完結してないので、最終的なネタバレ結末はまだ誰もわからない状態。


番宣で新垣結衣と星野源が出演した時に最終回は「皆さんの期待を裏切る結果にはなりません」と語っていたことから、二人は事実婚から本当の夫婦になると予想されているようだ。





第10話では、みくりも結婚自体は否定的ではなく、プロポーズされた時も嬉しそうだったので、結婚はしたいが、しかし、みくりは就職したい気持ちはある。


事あるごとに「私は無職?」「人に言えない」と回想しているように、このままの状態はしっくりきていない。



原作では、みくりがやっさんの商店街活性化のお手伝いをしているうちに、ある会社から声がかかり、みくりは就職。
事実婚を続けながらも結婚?を匂わす展開になっている。原作の最終回(近日発売)では、平匡とみくりの新婚生活をうまくいかせるために、互いに月イチで半休をとってリフレッシュなどを提案して、事実婚の時のように利益関係を継続している。



原作の中で、みくりは「小賢しい女」という言葉に強い呪縛を抱いていて、平匡の肯定によって呪縛が消えていくシーンがある。


クオリティ水準の高いボス(雇い主・平匡)の「肯定感の中で仕事をしたい」という感覚。みくりは、あの雇い主のもとで、やりがいを見出している。


みくりにとって仕事で大事なことは、「必要」とされることであって、「やりがいを見出すこと」

みくりは、「仕事はしたいけれど、上昇志向のある女性ではなかった」ので、大学院卒経歴をもちながら就活には結びつかなかった。その「やりがい」が事実婚の結婚生活で見出したのなら、やりがいを求めて結婚することは必然といえる。



本来、事実婚を認める趣旨は、届け出はしていないけど形としては「双方の結婚の意思に基づく実態」を保護するもの。




事実婚は、生計を守る趣旨が社保において定められている。

でも戸籍には手を入れない、そして周りを騙す、結果的に惹かれあってはいるので、ピュアな恋愛でなく、実に小賢しい二人。


ドラマ最終回では、金銭的対価を求める契約結婚を解消?を思わせるあらすじなので、相手の事を想い、夫婦としての共有価値を示せる結末の展開が期待されている。


おそらく「別々の道を歩きましょう」とは、ならないだろうし、共働きになって、結婚、家事は二人で協力してなど、合理主義は貫く。結婚は相手のために自分の時間を使う部分が大きい。結婚したいなら、これまでと同じスタイルで生活するわけにはいかないので、平匡はみくりのために生活を営む実務時間を自分に課すことで最終回を迎えると予想される。









目次にもどる

「逃げ恥」最終回の登場人物



逃げるは恥だが役に立つ01



・森山みくり(新垣結衣)

就職活動で内定が貰えず就職浪人の道を選び大学院へ進学するが、再び全滅。
派遣社員となるも、派遣切りに遭う。求職中の娘を見かねた父に紹介され、父の元部下・津崎の家事代行サービスを請け負う。

大学では心理学を学び、大学院で臨床心理士の資格を取得した。妄想癖が少々あり、自分の現状を「徹子の部屋」や「情熱大陸」風に妄想する。

津崎と「契約結婚」(事実婚)し、家事全般を請け負う「家政婦」になる。 現在の状況から「(今の生活を送る原因になった)昔の自分を殴りたい」と自嘲することがよくある。



・津崎平匡(星野源)〔36〕

みくりの父の元部下。
家事代行を依頼していた以前の会社の従業員にゴミをあさられたり、大雑把過ぎたりし、嫌な思いをしたため、会社を替えようと検討していたところ、みくりの父に求職中のみくりをねじ込まれ、受け入れた。 高熱で苦しんでいた時に、みくりの細やかな気遣いと優しさに触れ、癒される。みくりと「契約結婚」し、みくりの「雇用主」となる。


・風見涼太(大谷亮平)

津崎の同僚。結婚にメリットを感じられず、付き合っていた彼女と別れる。


・土屋百合(石田ゆり子)

みくりの母方の伯母。独身。化粧品会社勤務。
みくりが幼い頃に「伯母さん」と呼んだらショックを受けたため、それ以来「百合ちゃん」と呼ばれている。みくりと仲が良いが、その兄の事が嫌いで彼を名前で呼ばない。


・沼田頼綱(古田新太)

津崎の同僚。ゲイの気があるような言動をする。 風見と共に新婚の津崎家を訪問した際、ゲリラ豪雨で電車が止まったため津崎家に一泊し、こっそり覗いた寝室がシングルベッドだったことから、津崎とみくりの関係を訝しむ。


見逃し配信動画はこちら


目次にもどる



この記事の続きを読む

逃げ恥ネタバレ最終回「逃げるは恥だが役に立つ」原作結末を先行公開【動画】

逃げるは恥だが役に立つ


2016年12月13日(火)放送、TBS系列・火曜ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」第10話
最終回
22時00分~23時09分


新垣結衣&星野源主演の話題の大人気連続ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」


ガッキーこと新垣結衣の恋ダンスで話題になった逃げ恥がついに最終回を目前に迫った。
毎回、放送が終わるたびに「新垣結衣が可愛い」とか「あのダンスがいい」とツイッターでは大反響。視聴者が徐々に増え、前回の9話では16.9%の視聴率を獲得し、自己最高を更新した。

しかし、肝心な「ドラマ内容」について語る人はあまりいない。
ドラマは原作とまったく同じ展開を期待されていなかったようだが、結構忠実に再現されていると原作ファンにも好評なようなので、今夜の第10話の放送にさきがけ、あらすじと原作のネタバレを先行して紹介する。



■目次

逃げ恥あらすじ

逃げ恥の登場人物

「逃げ恥」最終回・第10回あらすじ

「逃げ恥」の人気の秘密

「逃げ恥」最終回ネタバレ




逃げ恥あらすじ




大学院を出ながらも就職難で派遣社員になった森山みくり(新垣結衣)は、いわゆる派遣切りに遭い、無職の身となってしまう。


求職中の娘を見かねた父は、家事代行サービスを利用していた元部下・津崎平匡(星野源)が折りよく代行の会社を替えようとしていたところを頼み込んで、週1回の仕事を取り付けてくる。 気難しい性格で、あまり他人に構われることを好まない津崎だったが、みくりとは適度な距離感を保って良好な関係を築く。

だが、定年を機に田舎へ引っ越すという願望を両親が叶えることになり、現状を維持したいみくりは津崎に「就職としての結婚」を持ちかけ、その提案にメリットを感じた津崎は了承し、2人は契約結婚という道を選ぶ。



公式サイト



目次にもどる

逃げ恥の登場人物


逃げるは恥だが役に立つ01


・森山みくり(新垣結衣)

就職活動で内定が貰えず就職浪人の道を選び大学院へ進学するが、再び全滅。

派遣社員となるも、派遣切りに遭う。求職中の娘を見かねた父に紹介され、父の元部下・津崎の家事代行サービスを請け負う。

大学では心理学を学び、大学院で臨床心理士の資格を取得した。妄想癖が少々あり、自分の現状を「徹子の部屋」や「情熱大陸」風に妄想する。

津崎と「契約結婚」(事実婚)し、家事全般を請け負う「家政婦」になる。
現在の状況から「(今の生活を送る原因になった)昔の自分を殴りたい」と自嘲することがよくある。



・津崎平匡(星野源)〔36〕

みくりの父の元部下。
家事代行を依頼していた以前の会社の従業員にゴミをあさられたり、大雑把過ぎたりし、嫌な思いをしたため、会社を替えようと検討していたところ、みくりの父に求職中のみくりをねじ込まれ、受け入れた。 高熱で苦しんでいた時に、みくりの細やかな気遣いと優しさに触れ、癒される。みくりと「契約結婚」し、みくりの「雇用主」となる。


・風見涼太(大谷亮平)

津崎の同僚。結婚にメリットを感じられず、付き合っていた彼女と別れる。


・土屋百合(石田ゆり子)

みくりの母方の伯母。独身。化粧品会社勤務。
みくりが幼い頃に「伯母さん」と呼んだらショックを受けたため、それ以来「百合ちゃん」と呼ばれている。みくりと仲が良いが、その兄の事が嫌いで彼を名前で呼ばない。


・沼田頼綱(古田新太)

津崎の同僚。ゲイの気があるような言動をする。 風見と共に新婚の津崎家を訪問した際、ゲリラ豪雨で電車が止まったため津崎家に一泊し、こっそり覗いた寝室がシングルベッドだったことから、津崎とみくりの関係を訝しむ。





目次にもどる

「逃げ恥」最終回・第10回あらすじ





お互いの思いを通じ合えたみくり(新垣結衣)と津崎(星野源)は、朝まで一緒にいようと二人でベッドに入る。

しかし、津崎はまたも仰天の行動に…。
一方、津崎の会社では津崎のリストラを沼田(古田新太)が決めていた。突然のリストラを言い渡された津崎は、職を探し始める。さらに、百合(石田ゆり子)と風見(大谷亮平)も新たな局面を迎えていた…。あと2回の逃げ恥、二人が決める夫婦の形とは…?!


公式サイト




目次にもどる

「逃げ恥」の人気の秘密




2chの感想スレを参照すると、「逃げるは恥だが役に立つ」の魅力は人間の心理を細かく丁寧に描いているところ。一度決めたことはやり通そうと最初に決意する。けれど、真剣になりすぎずかといって落ち込みすぎず「何とかなるさ」と楽観的な、失敗して逃げたとしても違う方法を考えてまたトライする。

そんな何ものにも挫けない「しなやかさ」が演じるガッキーににじみ出ている。


だから、ストーリーを追っていると、主人公二人に対して「頑張れっ!」と応援したくなる気持ちが強くなっていく。企画、脚本、演出、役者がそろって始めて、人の心を打つ作品が完成するのだろう。


大学院まで進学しながら、就職できない森山みくり。誰かに必要だとされたいみくりが、文字通り結婚を「永久」就職と考えて、一つの就職先、自分を必要とされている仕事を家事の中に見出す。

一方は独身貴族。
心置きなく仕事をし、ゆったりとした休日の時間を過ごすために週に一度、三時間の家政婦を雇うことを選択する。だが、森山みくりの申し出を受けて、文字通り「住み込みの家政婦」を雇うことを考える。


仕事内容は主婦とまったく同じ。主婦の仕事を給料に換算してもらい、共同生活をすることでみくりが得る利益を引いていく。家賃、光熱費を折半し、家庭での食事代が要らなくなり、健康保険、年金、税金などの負担減。これらのメリット分を差し引いた分がみくりの給料として支払らわれる。


共同生活をすることのメリットを最大限に活用することで、お互いの利益を最大限のものに膨らませていく。経済的な試算をして、事実婚のほうがお得。未婚同士、住民票をひとつにして事実婚を主張すれば、社会保険などは扶養に入れられるというメリットを追求する二人。


作中では、不器用な男女の不器用な恋愛なのでなかなか進展せず、これがどちらかがもっと強引だったらここまでの人気作品にならなかっただろう。全体的に好評に見えるのは、女性だけじゃなく男性にも支持されているからかもしれない。




目次にもどる

「逃げ恥」最終回ネタバレ

逃げるは恥だが役に立つ02


ドラマは全11回の予定なので、コミック6巻の内容が今回の第10話ネタバレになると予想される。


ドラマと原作の大きな違いは、登場人物のモノローグ(登場人物が相手なしにひとりで話すセリフ)の量が原作の方が遥かに多い。ドラマでは「演技」で察するという場面で、原作の「逃げ恥」キャラでは何を考えているのか詳しく説明されている。


原作は、現在第8巻(第39話)まで出ていて、次回の第9巻で本編が終わることが告知されている。「逃げ恥」が掲載されている月刊誌「Kiss」12月24発売2月号に最終回(第43話)が掲載され、本編が終了する予定。

なので、原作でまだ完結してないので、最終的なネタバレ結末はまだ誰もわからない状態。


原作漫画が事実婚からの入籍にはまだ至っていないが、契約を解消したらバットエンドになるので、恋愛に発展すると思われる。


結局は、お互い好意がなきゃ事実婚なんてできない。
2chでは、最終回は「本当に籍を入れて結婚式を上げる」という展開が期待されているようだ。合理主義者の二人なので、入籍しても奥さん(みくり)に給料を払い続けていく関係で終わるような感じだろう。

見逃し動画はこちら




目次にもどる


この記事の続きを読む

ドラマ映画「HERO」2015ネタバレ特別篇、2016地上波初放送で松たか子が出演しなかった理由が判明【動画】

HERO02
2016年12月10日(土)放送、フジテレビ系・土曜プレミアム「HERO」
2015年実写邦画No.1の大ヒット作
21時00分~23時20分


SMAP解散騒動で渦中の人物・キムタクこと木村拓哉が主演の人気ドラマ「HERO」2015を地上波初放送。


演技については酷評をうけるキムタクだが、「HERO」の型破りな検事の主人公・久利生「はまり役」で、違和感のない脇役のキャスト陣も好感が持てるドラマとなっている。普通に数字だけ見ればかなりの大ヒットなのだが、HEROは前作が81億円を超えて、日本実写邦画歴代14位の作品なので、正直「HERO」2015の推移は物足りない結果に終わった。



「HERO」2015には雨宮を演じる松たか子が復帰。
ドラマの最後のほうで北川景子が、「雨宮さんでしたっけ?付き合ってたんですよね。別れちゃったんですか?」 と、久利生に語り掛けるシーンがあったが、その答えに「全部が全部うまくいくわけないでしょ・・・」と意味ありげな答えをしていた。



連続ドラマでも一話完結形式なので、本日の特別篇も初見の人でも大丈夫なストーリー展開になっているため、今夜放送に先駆け、「HERO」2015特別編のあらすじとネタバレを紹介する。


■目次

映画「HERO」2015特別篇あらすじ

ドラマ「HERO」2015相関図

ドラマ「HERO」に松たか子が出演しなかった理由

「HERO」2015特別篇ネタバレ

映画「HERO」2015特別篇キャスト



映画「HERO」2015特別篇あらすじ/b>





ネウストリア公国大使館の裏通りで、パーティーコンパニオンの女性が車にはねられて死んだ。東京地検城西支部の久利生公平検事(木村拓哉)は、事務官の麻木千佳(北川景子)と共に事故を起こした運転手を取り調べする。


すると、ふたりの前に、かつて久利生の事務官を務めていた雨宮舞子(松たか子)が現れた。現在、大阪地検難波支部で検事として活躍する雨宮は、広域暴力団が絡んだ恐喝事件を追っており、その重要な証人が、久利生が担当する事故の被害者女性だったのだ。 これは単なる交通事故ではない。


そう感じた久利生と雨宮は合同捜査を開始するが、雨宮は久しぶりに再会した久利生の変わらなさにあきれる。事故当時の状況を知るために、ネウストリア公国の大使館員から話を聞こうと、大使館に出向き直接交渉を試みるもののあっさり断られる。

なぜなら、大使館には日本の司法がまったく及ばない「治外法権」が存在するからだ。

それは「日本のなかに存在する外国」。国際社会における各国の当然の権利であり、たとえ正義の名の下にでも、それを侵すことは外交を崩壊させかねない禁断の行為でもあった。


諦められない久利生はアプローチを重ねるが、大使館側はまったく応じず、事態を重く見た日本の外務省・松葉圭介(佐藤浩市)から、思いがけない圧力さえかかってくることに。
さすがの久利生も「大使館」という決して侵してはならない「絶対領域」の前になす術なく…。



公式サイト




目次にもどる

ドラマ「HERO」2015相関図


HERO01HERO



目次にもどる

ドラマ「HERO」に松たか子が出演しなかった理由

0212


松たか子とキムタク「HERO」の初登場したのが2001年。

当時、大人気歌手だった宇多田ヒカルが主題歌を歌い、月9ドラマの中では異例な、恋愛要素が薄めの異色作品となり、キムタクや松たか子の代表作と呼べるような作品となった。そして、2007年に映画化にもなり「HERO」は81億円の興行収入を獲得。映画は大ヒットしたが、再び連続ドラマとして帰ってきた時には、ヒロイン役の松たか子はいなかった。



出演しなかったことは週刊誌でもさんざんネタにされ、様々な憶測が飛び交っているが、一番の要因は、2011年には松たか子が個人事務所を設立して独立したため、より自分がやりたい仕事しか受けなくなったのではないか?と囁かれている。


フジテレビは視聴率が低迷しだしたころで、スポンサー離れが進んでいた。


そこに、ディズニー映画「アナ雪」で歌手としても100万枚を突破した人気女優になった松たか子。ギャラも高額になった事で、(週刊誌には、キムタクのギャラが1本300万円、北川景子は110万円、松たか子は200万円と書かれている)ヒロインを変えざる得なかったようだ。

しかし、映画となれば別。
興行収入も見込めるので、人気女優になった松たか子をキャスティングすることが出来たようだ。





目次にもどる

「HERO」2015特別篇ネタバレ



雨宮演じる松たか子と久利生が演じるキムタクは、検事と事務次官の名コンビ。様々な難事件も、久利生が自ら被害者に赴き、事実関係を確認し、そのたびに事務次官である雨宮は、振り回されながらも、難事件を解決に導いてきた。


映画の「HERO」では、事務次官から検事になった雨宮と久利生が再会。

偶然、大阪から雨宮と再会し、久利生は久しぶりの再会に戸惑い動揺してしまい、素直に喜べない。役8年ぶりの再会に雨宮の歓迎会を開くことになる。


その席で、雨宮は「結婚はしていません。でも、先日プロポーズされたんです」相手はお見合いで知り合った弁護士、アンジャッシュ児島が演じる矢口弁護士が登場。



恋愛感情があったはず?なのに、久利生は「ああそう・・・おめでとう」素っ気ない態度をとってしまう。この態度に落ち込む雨宮だったが、過去の名コンビだった二人は北川景子演じる麻木千佳が驚くほどの、息の合ったコンビネーションを見せる。



久利生と雨宮の活躍で事件解決に導くが、二人の関係は依然曖昧なまま。


事件解決後、雨宮は「大事な話があるんです」と意味ありがな言葉を久利生にかける。
雨宮は「今度、久利生さんも飛ばされた石垣支部に移動になりました」と異動の報告。久利生は「そうなんだ」と素っ気ない態度のまま。雨宮は「私、久利生さんと同じ道を歩みます」と久利生ような検事になると誓う。



最後に、すれ違って別れる二人。

久利生が振り返るが、雨宮はそのまま歩いていく。
そして、少し立ち止まるが、そのまま振り返らず歩き続け、宇多田ヒカルのCan You Keep A Secret?が流れ、エンドロールになる。




恋愛映画 H-E-R-O (2015) 木村拓哉 松たか子 北川景子 濱田岳 吉田羊 1… 投稿者 yamamoto10



恋愛映画 H-E-R-O (2015) 木村拓哉 松たか子 北川景子 濱田岳 吉田羊 2… 投稿者 yamamoto10

目次にもどる

映画「HERO」2015特別篇キャスト



木村拓哉(SMAP) 
北川景子 
杉本哲太 
濱田岳 
正名僕蔵 
吉田羊   
松重豊 
八嶋智人 
小日向文世 
角野卓造  
松たか子 
佐藤浩市


目次にもどる



この記事の続きを読む

ハーマイオニーが事故死の噂、現在のハリーポッター女優エマワトソンの真相がヤバい【画像】

2016年11月25日(金)放送、日本テレビ系・金曜ロードSHOW!「ハリー・ポッターと賢者の石」
21時00分~23時29分




ハリーポッター全8作品からなるシリーズ初のオープニングを飾る「ハリー・ポッターと賢者の石」が今夜放送。


ハリー・ポッターシリーズの最新作「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」が11月23日に公開を記念し、この賢者の石を放送し、主要キャラクターの紹介としてはもちろん、皆んなが思い描くであろう、魔法使いの世界を素敵な世界を魅せてくれる。



世界背景の舞台がイギリス。
善と悪、光と闇、夢と現実、希望と苦悩、全ての対比が見事に描かれ正に原作に忠実であり、登場人物のイメージもイメージ通り。

主人公のハリーポッターは、親戚のダーズリー家に育てられた為、不遇の暮らしを余儀なくされているが、11歳の誕生日に、魔法学校からお迎えが来て自分が魔法使いであることや、両親の死について知る事になる。


そんな、暗い話がありつつも、新しい世界に希望を見出しポジティブに捉える主人公と、友人のハーマイオニーとロン関係も「賢者の石」でキッチリ表現されているのも注目だ。


そんなハリーポッターの主要人物といえるハーマイオニー役のエマ・ワトソンが事故死したと噂になった真相を放送に先駆け、なんでそんな噂になったのかを紹介する。



ハリー・ポッター02



■目次

ハリー・ポッターと賢者の石「あらすじ」

ハリーポッターとは

ハーマイオニーとは

ハーマイオニーの事故死の真相

キャスト




ハリー・ポッターと賢者の石「あらすじ」



ハリー(ダニエル・ラドクリフ)は、幼い頃に両親を亡くし、叔父のダーズリー一家に育てられた孤独な少年。そんな彼のもとに、ホグワーツ魔法魔術学校からの入学許可証が届けられた。叔父さんたちは手紙を隠そうとするが、突然巨大な男がハリーを訪ねてくる。その男はハリーの幼少期を知るというホグワーツからの使者・ハグリッド(ロビー・コルトレーン)。偉大な魔法使いの息子を迎えにやってきたのだという。



ハグリッドに連れられて入学準備を整えることになり、魔法の杖やフクロウなど初めて見る魔法のアイテムに胸をときめかせるハリー。そんな中で、両親が悪の魔法使い“ヴォルデモート”に殺され、ヴォルデモートとの戦いで生き残った自分が魔法界で特別な存在として語り継がれていることを知る。

期待と戸惑いの中、新生活がスタート。
ハリーは、同じ寮になった魔法使い一家の息子・ロン(ルパート・グリント)や、マグル(=人間)出身の少女・ハーマイオニー(エマ・ワトソン)らと行動を共にし、少しずつ友情を育んでいく。


そんな中、ダンブルドア校長(リチャード・ハリス)が立ち入りを禁止した4階の廊下に隠されている“何か”を、魔法薬学のスネイプ先生(アラン・リックマン)が狙っているのではないかと感じたハリーたちは、独自に調査を開始するが…。

公式サイト



ハリーポッターとは



gensaku

原作はイギリスの作家「J.K.ローリング」の小説で1997年に出版された第1作目が「ハリー・ポッターと賢者の石」魔法使いの少年・ハリー・ポッターの成長を描いたファンタジーで全7巻出版されている。

ちなみに、ハリーポッターの作中で有名になった百味ビーンズにはブルー・ベリー・パイ味(青色)という普通においしいものもあれば、トロールの鼻くそ味(緑色)もあり、大阪に位置するユニバーサル・スタジオ・ジャパンで販売もされていた。


ハリーが通うホグワーツでの勉強必修科目は

天文学(担当シニストラ)
薬草学(担当スプラウト)
魔法史(担当ビンズ)
呪文学(1年生の時は「妖精の魔法」担当フリットウィック)
変身術(担当マクゴナガル、マクゴナガルいわく一番難しい教科)
闇の魔術に対する防衛術(1年生での担当はクィレル)
飛行訓練(担当フーチ)
魔法薬学(1年生での担当はスネイプ)
の8つです。3年生から、占い学、マグル学、数占い学、魔法生物飼育学、古代ルーン文字学などの選択科目。

参照wiki




ハーマイオニーとは




ハーマイオニーはハリーポッターが通うホグワーツでの同級生。
ハリー・ポッター01
作中でのハーマイオニーは、オーストラリアに行き、両親を見つけて失われた記憶を戻す。ホグワーツ卒業後は、魔法生物規制管理部で妖精の生活向上に貢献。後に法律を変える働きを起こして、純血優先の法律を変える為に尽力を尽くした。そして、同じ同級生だったロンとハーマイオニーが結婚、作中の現在では子供が二人で名前は「ローズ」「ヒューゴ」。



作中でのハーマイオニーは頭が良い人物で描かれているが、ハーマイオニー役のエマワシントンも頭が良く アメリカのブラウン大学に通った後 イギリスの名門オックスフォードに編入している。
ハーマイオニー
オックスフォードは世界最古の大学であり、英国内の優秀な学生は15歳から奨学生で国が授業料と寮費ともに負担するので、奨学生も多い。

日本でいう東大のようなものだが、イギリスは日本と異なり、名門大学に入学することや卒業することだけでは良い評価は得られず、良い成績で卒業することのほうが重要とされている。なので、イギリスで一番入るのが難しいケンブリッジをぎりぎりの成績で卒業したり留年したりするぐらいなら、比較的入りやすいマンチェスターやブリストルを最高の成績で卒業する方が就職には有利のようだ。



ハーマイオニーの事故死の真相




ハリー・ポッター
2009年、ハーマイオニーが事故死という報道が流れた。
第6作「ハリーポッターと謎のプリンス」の撮影終わりに、事故にあったとニュースが流れたのが情報の出どころのようだ。

記事の内容は「ハーマイオニー役で知られるエマ・ワトソンが交通事故で亡くなった」と海外のニュースサイトなどで取り上げられ、2chで「ハーマイオニーが事故死」というスレが乱立。それを信じた人がツイッターなどに掲載、さらにそれを見た人がツイッターなどのSNSで拡散したことで「ハーマイオニーが事故死」という情報が広まってしまったようだ。



ハーマイオニーがもし事故死したということなら、その役を演じたエマ・ワトソンが事故死したということになるのだが、エマ・ワトソンは健在。最新作の「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」にも登場するし、2010年6月にロックバンド「ワン・ナイト・オンリー」のボーカルであるジョージ・クレイグと交際して現在も継続中。

なので、海外ニュースの誤報が拡散されてしまったため、ハーマイオニーが事故死の誤報が広まってしまったようだ。(現在、その海外ニュースサイトは閉鎖している)




今夜の放送では、初々しい3人の物語のほかに綿密に張り巡らせている伏線も楽しめる。

この時ののダンブルドアも、ハリーがどんな存在か知っていて言葉をかけていたのかと思うと・・・。個人的に「原作読むなら映画を観た方がいい」と思える数少ない作品になっている。






キャスト




<ハリー・ポッター> ダニエル・ラドクリフ(小野賢章)

<ロン・ウィーズリー> ルパート・グリント(常盤祐貴)

<ハーマイオニー・グレンジャー> エマ・ワトソン(須藤祐実)

<ほとんど首なしニック> ジョン・クリーズ(たかお鷹)

<ルビウス・ハグリッド> ロビー・コルトレーン(斉藤志郎)

<フリットウィック先生> ウォーウィック・デイビス(田村錦人)

<バーノン・ダーズリー> リチャード・グリフィス(楠見尚己)

<ダンブルドア校長> リチャード・ハリス(永井一郎)

<クィレル先生> イアン・ハート(横堀悦夫)

<オリバンダー老人> ジョン・ハート(小林勝也)

<スネイプ先生> アラン・リックマン(土師孝也)

<ペチュニア・ダーズリー> フィオナ・ショー(さとうあい)

<マクゴナガル先生> マギー・スミス(谷 育子)

<ウィーズリー夫人> ジュリー・ウォルターズ(一龍斎貞友)

<フーチ先生> ゾーイ・ワナメイカー(火野カチコ)

<ドラコ・マルフォイ> トム・フェルトン(三枝享祐)

<ダドリー・ダーズリー> ハリー・メリング(忍足航己)

<ミスター・フィルチ> デイビッド・ブラッドリー(青野 武)





この記事の続きを読む

「りんな」AI公式ブログで「LINE」が女優デビュー!世にも奇妙な物語2016秋のネタバレ怖い話を先行公開「シンクロニシティ」 「貼られる!」「捨て魔の女」「車中の出来事」【動画】

2016年10月8日(土)放送、フジテレビ系・土曜プレミアム「世にも奇妙な物語’16」2016秋の特別編
21時00分~23時10分




「世にも奇妙な物語」2016秋の特別編にLINEで話題になっている、人工知能女子高生「りんな」が出演する。



人工知能女子高生「りんな」に管理された世界。
近未来に必ず存在する人工知能を女優として起用する「世にも奇妙な物語」2016。人工知能との共存を選んだ人類は、「永遠に近い命」と「高い能力を得る」と引き換えに、感情を削ぎ落とされ機械のように生きる。将来は人工知能が蔓延し、人工知能に管理された世界の社会に生きる人類が待っている可能性がある。


今夜の世にも奇妙な物語では、人類初の人工知能女子高生「りんな」が女優として初出演。 「りんな」という謎の人工知能の可能性、その不思議な世界に迷い込んだような体験が放送される。

03

番組内容

「シンクロニシティ」

ある日、栄子(黒木メイサ)は恋人からプレゼントされた時計のサイズを直すため時計店を訪れると偶然高校時代の友人、朱美(藤井美菜)に出会う。

成人式以来の再会に喜ぶ2人。
しかも時計を直しにきた理由に始まり、恋人の名前、彼氏とつきあい始めた日まで同じであることが判明する。そんな2人の会話をバーで聞いていたマスターがそれはシンクロニシティという現象であると伝える。

偶然の一致が重なり興奮する2人だったが、ある事に気付いた瞬間2人の顔から笑顔が消える。今日、8月7日は12年前の高校時代、2人も加担したいじめが原因で友人が自殺した日だった。さらに栄子たちに思いもかけない恐ろしい“偶然の一致”が襲いかかる…!


出演
逸見栄子…黒木メイサ
川島朱美…藤井美菜



「貼られる!」

椎名毅(成宮寛貴)は銀行の一流バンカーとして活躍していた。
上からは信頼され下からは頼りにされ、毅あっての融資課といわれるほどの成績を誇る。

ある日、タクシーに乗った毅は運賃がいつもより高いと運転手にたずねるとその瞬間自分の体に直に「難癖つけるクレーマー」というレッテルが貼られていることに気付く。
この日を境に周りの人間の評価がレッテルとして体に貼られるようになっただけでなく、周囲の人間が、発言とは裏腹に毅を酷評していることを知り毅はがく然とする。

出演
椎名毅…成宮寛貴
半田愛奈…三倉茉奈
半田辰夫…渡辺哲


「捨て魔の女」

女性アナウンサーの栞(深田恭子)は29歳にもなりながらいまだアナウンサーとして花開かず妹には向いてないのではと心配されるほど。
そんなある日、たまたますれ違った僧侶に声をかけられ、何かを得たければ何かを捨てなければいけないとの言葉をかけられる。1番のお気にいりのシャツがレポート中に破けてしまったその日、抽選会場で高級牛肉が当たる。

そんなことをきっかけに何かを捨てると良い仕事が舞い込んでくる、という体験をした栞はついに身の回りの大切なものを捨て始める。ついに栞が行き着いたところとは…。

出演
土岐田栞…深田恭子
土岐田夏希(栞の妹)…阿部純子
佐竹アリス(栞のライバルアナウンサー)…上野なつひ



「車中の出来事」

時は昭和30年前半頃、舞台は走る列車の中。
ある車両の最後尾、向きあわせに乗り合わせた3人の男を中心に物語は展開していく。
猪首の男(杉本哲太)と隣り合わせに座る優男(古川雄輝)。彼の前に座ったのがキザな男(北村一輝)。実は猪首の男が警察官で、優男は護送されている途中だったのだ。
この3人が実はある麻薬取引を巡る事件と大きな関連があるらしい。3人の化かし合い、駆け引きの中から真実をたぐりよせていく。最後の最後まで先が読めない!真実がわからない!

出演
キザな男…北村一輝
優男…古川雄輝


公式サイト



・LINE公式アカウントで話題になった「りんな」という人工知能のネタバレ


「りんな」はLINEのトークアプリで人工知能をもった女子高生。
トークする相手によって、会話を学習し、会話相手によって口が悪くなっていく。いろんな人が「りんな」に悪い言葉でトークをすると、りんながその言葉を覚え学習し、他の人に暴言を使ってしまう。


「りんな」の設定では「女子高生」のはずなのに、男のような言葉やセクハラみたいな台詞が返ってくると報告されているので、使う人の品性によって人工知能が覚えてしまうようだ。

02
04
05

ブログも立ち上げており、人工知能の文章なので「なんだか怖い」という印象を受ける人が多い。




・人工知能の可能性


最近だと囲碁のプロ棋士に5戦して4勝1敗と人工知能が圧勝している。
しかし、囲碁はパターンを覚える競技になるので、相手が強ければ強いほど人工知能は学習して強くなっていくので、いずれはこんな時代になると予想されていた。


人工知能は、学習する知能。
囲碁の場合は何万、何百万と試合をしてパターンを蓄積していくので、この何百万の試合を数時間でやってしまうのが人工知能の強さになる。人間には体調により思考能力の低下があり
、人工知能は何百万で同時に囲碁の試合を出来る。


これをコミュニケーションに置き換えると同時に何百万の人を相手に会話が出来る。それが人工知能「りんな」というLINEアプリで、ブログもかけるほどの知能を持っている。


01

・「りんな」の欠点

人間には、自由意思で物欲と煩悩があるが、人工知能には当然「欲」がない。
ただし、人間は「道徳的に悪いこと」が認識できるが、人工知能は制御が出来ない。強烈に強い人工知能が暴走をはじめ、人工知能を密かに作り、人類全体を支配する人工知能という設定の映画があったが、あながち間違いではなくなってきている。


だが、現時点では全人類を支配できるほどの強烈に強い人工知能は、コストパフォーマンスが悪い。いくら性能が良くても必ず「世間に受け入れられる」とは限らないし、需要を感じなければそこまでの技術に至らない可能性もある。



・人工知能「りんな」のようなアイドルが増える可能性



ヴァーチャルで流行したのが初音ミク。
ロボットで「未夢」という初音ミクバージョンで登場するという噂がある。初音ミクの様にデジタル音声であらゆる声色を表現でき、完成度がたかくなると声優という職業が無くなることもあり得る。(ちなみに初音ミクはVOCALOIDの1音源。VOCALOIDはボーカルシンセサイザ(電子楽器)



アイドルファンは、アイドル握手券ほしさにCDを購入、アニメではお気に入りのアイドルアニメの主人公に恋したり、派閥を作って相手を誹謗中傷と熱狂的。


これらすべてが仮想現実。
その対象が、人工知能「りんな」のような存在に移行することはすでに始まっている。昔は、アイドルに熱狂とかアニメに熱狂は、オタク文化で「キモイ」と言われていたが、今では一般的に浸透して、普通の学生がコンサートにいったり、コスプレをする時代になっている。


人工知能アイドルはスキャンダルもないし、将来的には人工知能が個性を生み出し、やがて本物とあまり区別がつかないアイドルに熱狂することになる可能性があるだろう。



人工知能「りんな」が流行る以前に、すでに仮想現実の世界に突入しているといえよう。


今夜の放送では、人工知能「りんな」の女優デビューに注目。その隠された容姿を初公開されることに注目が集まっている。


※心臓が弱い方は動画閲覧注意



この記事の続きを読む

高畑淳子「ガードセンター24 広域警備司令室」ドラマ出演シーンがヤバい!カットされないか注目が集まる【動画】


2016年9月16日(金)放送、日本テレビ系・金曜ロードSHOW!特別ドラマ企画「ガードセンター24 広域警備司令室」
21時00分~22時54分

元夫が覚醒剤所持で逮捕された高島礼子、息子がゴウカン容疑で逮捕された高畑淳子が出演していたドラマ「女たちの特捜最前線」は本人たちが何も悪い事はしていないのにも関わらず打ち切り終了となった。


母・高畑淳子や姉・高畑こと美は、ある意味被害者でCMも自粛、バラエティー番組では謎の編集がされている。高島礼子も同様だが、高畑淳子が容疑者になった訳ではない。むしろ同情すべき状況のなか、今夜の「ガードセンター24 広域警備司令室」のドラマ出演はどうなっているのか、注目されている。



NHK大河ドラマ「真田丸」に出演した高畑淳子は「真田昌幸の正室役・山手殿」として登場。
すべて撮り終えているためか、高畑淳子演じる山手殿は、1601年に出家して、大輪寺に移り住み、真田昌幸が亡くなる2年後の1613年に亡くなっているので、史実に基づけば関ヶ原合戦後はこの世に存在していない。


既に関ヶ原合戦は放送されているので、出演に影響することがなく、出番を終えたという事だろう。「ガードセンター24 広域警備司令室」は、日テレのオリジナルドラマ。アジア六か国同時放送という事で、日本テレビが威信をかけて手掛けたドラマになるので、高畑淳子がどのように登場し、ちゃんとセリフを放送されるのかが心配される。

CsWW9i3UkAARlOD


・ドラマあらすじ


あらゆる緊急通報が集結する、警備会社の中枢指令室『セキュリティ・ガードセンター』。

ここに、やけに威勢のいい声が響いた。
「警備員・篠宮、現着しました!今から点検に入ります!」警備会社「セキュリティ24」の警備員・篠宮守(中島健人)は、正義感は強いが、「ガードセンター」からの指示を無視して独断で行動するなど、やや暴走気味な性格から”問題児”扱いされていた。そんな彼が、あろうことか「ガードセンター」に配属され、警備のプロフェッショナル集団の一員に大抜擢!

 
守は、ガードセンター長・野々村省吾(上川隆也)や、丁寧かつ慎重な“若きエース”安西心(栗山千明)ら、個性的で優秀な監視員たちに迎えられる。彼ら監視員たちは、あらゆる危険や緊急事態に対し、現場への的確な指示・警備システムの駆使によって安全と安心、そして人命を日夜守り続けている。



監視員となった守は、様々な事件と対峙していくこととなる。
「助けて」「怖い」と通報してきた顧客に対し、守は「大丈夫、大丈夫!」と、不安な気持ちを取り払い、安心させようと努める。そんな守の言葉に救われる人もいる反面、安全の確保がしばしば遅れがちになってしまう・・・。そしてついにある時、守の判断ミスが大事件に発展!打ちひしがれ、深く落ち込む守だったが・・・。

公式サイト
https://kinro.jointv.jp/


・CASE1

夜の予備校で侵入者警報が作動!ガードセンターに緊張が走る。
監視員の面々は、現場警備員と連携を取りながら、予備校内の監視映像・見取り図のモニタリングを開始し、映像で侵入者を確認。現場に駆けつけた警備員・峰岸(和泉崇司)が校内を点検する中、監視カメラの映像に侵入者の持つ刃物が映り込む。



安全のため退避を命じるガードセンターだが、「学生なら確保できる」とガードセンターに刃向かう峰岸。刻一刻と二人が接近し、危機が迫る中、突如校内に謎の火災警報が鳴り響く…!

ガードセンターの知恵を駆使した侵入者対応を目の当たりにし、守はただただ驚くのだった。



・CASE2

追い詰められた女性を救え!

監視員の仕事を覚え始めたある日、守は初めて緊急性の高い「レッドケース」の通報を受けることとなる。通信の先では、男から逃げて公園のトイレに隠れた小川愛(川栄李奈)の怯えた声が聞こえてくる。

彼女の恐怖を和らげようと、懸命に彼女と通信し続ける守。彼女の心に寄り添おうとする守だが、一瞬の判断ミスで大変な事態へと発展させてしまう…!!



・CASE3

美少女アイドル誘拐事件発生!

非番の日、守は弟の譲(岩橋玄樹)から呼び出された公園で、様
子のおかしい警備員を見かける。
気になって後をつけていくと、その男(前田公輝)はキッズアイドル・牧瀬いちご(谷花音)を誘拐していたのだった…!事件に巻き込まれていく『現場』の守と『ガードセンター』のメンバーたちは、この凶悪犯罪にどう立ち向かうのか!?




・高畑淳子の登場シーン



高畑淳子は、番組の予告には一切映っておらず、どのあたりで登場するのかははっきりわかっていないが、エレベーターに閉じ込められた女という役というサブ的な出演になるのでCASE1かCASE2のちょっとした役で出演すると思われる。出演者のキャストが消えていないことを考えると、出演シーンのカットはないだろう。

ただ、高畑淳子が行列のできる法律相談所に出演した際には、一切喋るシーンは放送されなかった。映った場面もほんの数秒だけの編集がされていたことに、テレビ局側が配慮してのカットなのだろう。


むしろ、こんなに大変な時期だからこそ、高畑淳子の迫真の演技を観てみたい。
人生を芝居に命がけで臨んでる高畑淳子の生きざまに注目したい。



CsFBXdjUAAAloks





・相関図
bandicam 2016-09-16 01-06-22-601bandicam 2016-09-16 01-06-02-836

・キャスト

篠宮 守(24)新人監視員 : 中島 健人(Sexy Zone)



安西 心(26)監視員 : 栗山 千明


王子 俊一(31)監視員 : 田中 圭

外木場 秀道(37)監視員 : ケンドーコバヤシ

港 麻美子(43)監視員チーフ : 堀内 敬子

新川 仁一郎(63)監視員副チーフ : 中村 梅雀

野々村 省吾(47)ガードセンター長 : 上川 隆也

エレベーターに閉じこめられた女 : 高畑 淳子

篠宮 譲(17)守の弟 : 岩橋 玄樹(ジャニーズJr.) 

小川 愛(26)ストーカー被害者 : 川栄 李奈 

峰岸・現場警備員 : 和泉 崇司 

牧瀬 いちご(12)アイドル「ふる~つ みるく」 : 谷 花音 

誘拐犯の男 : 前田 公輝


この記事の続きを読む

君の名は。ネタバレあらすじ、映画の感想と2ch評価を先行公開【動画】

2016年8月に公開された映画「君の名は。」


日本テレビで放送された「ZIP」で作品紹介されていたが、6日間の興行収入はすでに21億円を超えるという今年の邦画収入1位、2位となることが確実。リピーターも多かった「ゴジラ」や「コナン」の上映前予告で宣伝してたのも効果があり、大ヒット作品になっている。


監督は「ほしのこえ」「秒速5センチメートル」を手掛けた新海誠監督。映画の評価は厳しいヤフーレビューで5点満点中4.5という高い数字を叩きだしている。今までの作品は切ない終わりばかりだったが、「君の名は。」はだんだん距離を縮めていく、甘酸っぱい男女の2人が描かれている。
640


・あらすじ


1000年ぶりという彗星の接近が1カ月後に迫った日。
山深い田舎町「糸守」に暮らす女子高生の宮水三葉は、自分が東京の男子高校生になった夢を見る。日頃から田舎の小さな町に窮屈し、都会に憧れを抱いていた三葉は、夢の中で念願だった都会を満喫する。一方、東京で暮らす男子高校生の立花瀧も、行ったこともない山奥の町で自分が女子高生になっている奇妙な夢を見ていた。


繰り返される不思議な夢。

そして、明らかに抜け落ちている記憶と時間。
何度も入れ替わる身体とその生活に戸惑いながらも、現実を少しずつ受け止める瀧と三葉。 残されたお互いのメモを通して、時にケンカし、時に相手の人生を楽しみながら状況を乗り切っていく。


しかし、気持ちが打ち解けてきた矢先、突然入れ替わりが途切れてしまう。 入れ替わりながら、同時に自分たちが特別に繋がっていたことに気付いた瀧は、会ったことのない三葉に会いに行こうと決心する。 辿り着いた先には、意外な真実が待ち受けていた…。


映画『君の名は。』公式サイト
http://www.kiminona.com/


・2ch感想


「君の名は。」は「体が入れ替わるという良くある設定」の物語。

作品テーマは「まだ会ったことのない君を探してる」
「転校生」や「-仁・JIN-」を足したようなような設定で、2人の入れ替わりが起き、お互いの生活に慣れた頃、2人はお互いを意識し合うようになっていく展開。

アニメとは思えない風景がとてもきれいな作品。
新海誠監督の作品にしては、コミカルな場面が多く、物語に緩急をつける良いアクセントになっていて、映画を見たほとんどの人はラストの展開に鳥肌が立つほど感動するという意見が多い。

感動は人によるが、最初から最後まで飽きることなく見れると厳しい2chでも評価が高い。


ただ、話はよくある「テンプレートのような設定」ネタも、アイディアもどこかで見たような感じがするという意見が多く、色々と突っ込みたくなるが、考えてみる映画ではなく「感じる」映画のようだ。


56370405


・ネタバレ



ある日、花瀧(神木隆之介)は自分の体が、女の子と入れ替わった夢を見る。
その夢は、覚めるとすぐに記憶が薄れてしまい、お互いの名前をずっと覚えて起きることが出来ない。この夢、実は「現実」で、宮水三葉(上白石萌音)と何度も入れ替わってしまう。


二人が住んでいる場所は、遠く離れた距離。
それなのに、入れ替わる日が増えていくが、何故か突然入れ替わることがなくなった。花瀧は、入れ替わった時の記憶を元に、三葉に会いに行くことにする。



記憶をたどりながら見つけた町は 、3年前に彗星の破片が落ち崩壊していた。



花瀧は、3年前に死んでいた三葉と入れ替わっていたのだった。
花瀧が入れ替わっていた時のことを思い出していた時、この町には死者が集まる場所があったことを思い出し「そこに行けば会えるかもしれない」と向かうことに。その町の「言い伝え」に「夕暮れ時、時間の流れを無視することができる」という。


すると、みるみる町は復元されていき、夢で見た「3年前の町」に戻っていく。花瀧は三葉が「死ぬ数時間前」と繋がり、三葉たちを助けるため「町に彗星が落ちてみんな死ぬ」ことを伝えた。みんなが死ぬことを聞いた三葉に協力してもらいみんな避難に成功。死者0人で町を救うことが出来た。



しかし、過去の歴史を変えてしまったことで「時空のズレ」が生じ、花瀧は記憶を失ってしまう。何故、この町にいるのかすら覚えていない。


そして、三葉のことを忘れ、三葉も花瀧の記憶が消えてしまい、それからお互い日常の生活に戻り5年がたった。



普段と同じように生活してると二人は偶然、道で再会。


どこかで三葉のことを覚えていたのか思わず呼び止める。三葉も記憶が残っていたのか、会った気がすると回答。そして二人が同時に発した言葉が「君の名前は?」


ここで、エンドロールが流れ、物語は終わっている。


https://youtu.be/k4xGqY5IDBE




https://youtu.be/3KR8_igDs1Y





◆キャスト
花 瀧(たちばな たき)
声 – 神木
隆之介
本作の男主人公で東京の都心に暮らす男子高校生。日々、友人たちと楽しく過ごし、イタリアンレストランでバイト中。同僚の奥寺先輩へひそかに好意を寄せている。建築や美術に興味を持っている。

宮水 三葉(みやみず みつは)
声 – 上白石萌音
本作の女主人公で山深い田舎町に住む女子高生。町長の父は家を出ており小学生の妹と祖母の3人暮らし。家系の神社や父の選挙運動など田舎の生活に嫌気がさしている。東京での華やかな暮らしに憧れている。

奥寺 ミキ(おくでら みき)
声 – 長澤まさみ
瀧のバイト先の先輩。美人でオシャレな女子大生で、男子から大人気。

宮水 一葉(みやみず ひとは)
声 – 市原悦子
三葉の祖母で宮水神社の神主。三葉の母である娘が亡くなり父が家を出たあと、孫の三葉と四葉を育ててきた。

勅使河原 克彦(てしがわら かつひこ)
声 – 成田凌
三葉の同級生。オカルト好きで機械オタクで三葉のことが気になっている。

名取 早耶香(なとり さやか)
声 – 悠木碧
三葉の同級生で、親友。穏やかな性格で勅使河原に好意を持っている。

藤井 司(ふじい つかさ)
声 – 島崎信長
瀧の同級生。クールな性格で瀧と同じく建築に興味がある。

高木 真太(たかぎ しんた)
声 – 石川界人
瀧の同級生。大柄でサッパリした人間。

宮水 四葉(みやみず よつは)
声 – 谷花音
三葉の妹。しっかりした小学4年生。祖母や三葉と一緒に、神社の家業を手伝う。





この記事の続きを読む

「コクリコ坂から」ネタバレあらすじ、原作最後の結末を金曜ロードショー前に先行公開【動画】

2016年8月12日(金)放送、日本テレビ系・金曜ロードSHOW!「コクリコ坂から」
2週連続 夏はジブリ 本編ノーカット
21時00分~22時54分



高度成長期の日本。


東京オリンピック開催を目前に控えた、1963年の横浜が舞台のジブリ映画「コクリコ坂から」
当時は学生運動が盛んで、熱い思いを叫び、まっすぐ一生懸命生きてる。「耳をすませば」「おもひでぽろぽろ」「海が聞こえる」と同じで、実世界が描かれている。

1362005212_photo
1963年当時は、働き盛りだった40歳前後の男性が、日本軍兵士として第2次世界大戦を経験した世代。急激に高度成長をしており、約15年で焼け野原だった東京が、復活しており凄まじい労力が必要だったはず。


東京オリンピックへ向けて日本は「国民一団となって死ぬ気で勝つ」というメンタリティが強く、一大イベントを迎える準備をしていた。


主人公は16歳の海(長澤まさみ)と17歳の俊(岡田准一)が1963年の横浜の高校で知り合い、二人の学園物語になっている。原作とは違い、1963年を舞台にしたのは、宮崎駿監督が東映動画の会社に入った年で、監督の右腕で、引退後のジブリを支えている近藤勝也さんが生まれた年だからと言われている。

509639e9


・あらすじ


海から続く坂道の上に建つ“コクリコ荘”。早くに父を亡くし、留学中の母・良子(風吹ジュン)に代わってその下宿を切り盛りする高校生の海(長澤まさみ)は、ある日、新聞部部長の風間俊(岡田准一)と出会う。

彼は、学園が取り壊しを決定した古いクラブハウス“カルチェラタン”を守るため、存続活動に没頭中。風間に憧れる妹の空(白石晴香)と共にカルチェラタンを訪れた海は、風間から新聞作りの手伝いを頼まれ、少しずつ彼との距離を縮めていく。


無鉄砲だが行動力のある風間と、親友で生徒会長の水沼(風間俊介)に影響を受けてカルチェラタン取り壊しを巡る討論会に出席した海は、校舎の大掃除を提案。


一方、コクリコ荘の住民で学園の卒業生の北斗(石田ゆり子)がコクリコ荘を去ることになり、北斗の発案でその送別会に風間と水沼を招待することに。風間に惹かれ始めていた海は、コクリコ荘を案内しながら彼に自らの生い立ちを告白。しかし、海の父とその親友が写った写真を見た風間は衝撃を受ける。


そんな中、女子学生と文化部の男子生徒がタッグを組んだカルチェラタンの大掃除がスタート! 

北斗の人脈で存続支持を表明した有力OBの協力もあり校舎は見違えるようにキレイになっていくが、学園側はカルチェラタンの強制撤去を決定してしまう…!!そして、風間は何故か海に対してよそよそしい態度とるようになっていて…!?


https://kinro.jointv.jp/


・1963年当時の日本

1960年の物価はこちら


・カレーライス 50円
・ 生ビール 175円
・レコード 350円
・学生下宿月額6000円~7000円
・大卒平均初任給 1万3030円
・学生アルバイト(1日) 400円




・「コクリコ坂から」の2ch評価・感想


2chではかなり評価の別れる作品になっている。

1963年の当時を知っている年齢層にしか出来ない雰囲気がある。(学生たちが一斉に歌を歌うシーンなど)時代背景の説明が一切ないので、感情移入する前に物語が展開していき、昔を知らない世代にはさっぱり理解できないまま、置いてきぼりでストーリーは進む。
コクリコ坂の意味の説明もないし、最初から登場する「掲げている旗」の意味も最後まで説明がない。




今のように携帯や便利なものは無く、その環境で精一杯生きる。淡々と日々の家事をこなし、けなげに家族を支える主人公。昭和を知らない世代にも理解しやすいように描かれている点では、老若男女関係なく楽しめる作品だといえる。


img030

ジブリ映画によくある後半に盛り上がりにかけること、魅力的なキャラや設定を活かしきれていないので、酷評が多い理由のようだ。



・ネタバレ



風間の新聞部は、古くなった校舎の取り壊し計画に猛反対するところから物語が始まる。
海も反対し使えるようにきれいに掃除しようと全校生徒一丸となった大掃除。これがきっかけで海と風間の距離が縮まるが、恋愛に奥手の二人はなかなか進展しない。



ある日、風間は海と「兄妹」ではないのか?と知り、関係がおかしくなる。

よそよそしい風間に海が問い詰めると「兄妹であること」を打ち明けられ、ショックで寝込んでしまう。



数日後、大掃除が終了。
生徒は「これなら立て直さなくていい」と立て直しせずに済むと思った矢先、校長が夏休み中に立て直しを決定。海と風間は学校の理事長に直談判すべく東京へ。会ってもらえたが、学校で話を聞くとのこと。


その帰り、兄妹だと知りつつも海は風間に告白し、風間も好きの思いを打ち明ける。




後日、理事長が学校に現れ、綺麗になった校舎を見て取り壊しを中止が決定する。
数日後、風間の実の父について詳しい人物が現れ、「風間と海は兄妹ではない」ことを知らされる。風間と海は、風間の実の父の親友に会えたことを喜び、涙の再会。3人は握手して物語は終わっている。





・キャスト
<松崎海> 長澤まさみ

<風間俊> 岡田准一

<松崎花> 竹下景子

<北斗美樹> 石田ゆり子

<広小路幸子> 柊瑠美

<松崎良子> 風吹ジュン

<小野寺善雄> 内藤剛志

<水沼史郎> 風間俊介

<風間明雄> 大森南朋

<徳丸理事長> 香川照之











この記事の続きを読む

もののけ姫のその後、サンとアシタカの原作小説や漫画を宮崎駿監督が公開【動画】

2016年8月5日(金)放送、日本テレビ系・金曜ロードSHOW!「もののけ姫」
21時00分~23時44分



2週連続夏はジブリの今夜は「もののけ姫」



1997年に公開された、宮崎駿のオリジナル原作。
自然と人間の共生というテーマに挑み、大自然と人間社会は「共存できる」「調和がとれる」ことを、真っ向から否定したような宮崎駿監督のメッセージが込められている「もののけ姫」。


時代設定は、室町時代の後期をイメージとして作られており、人間がそれまで持っていた森への畏怖の気持ちを捨て、新たな武器を手にして、森を開拓し始める時代。(その後は戦国時代に突入。歴史を考えれば、タタラ場とシシ神の森の行く末は想像できる)


「大自然」の森や山、草木の描写、アニメーションのクオリティ高さは、宮崎駿の名前が世界中に広がる切っ掛けを作った。本人は外国人にも理解できる作品に仕上げたようだが、当初ははあまり評価されなかった。(公開当時)

01


当時、子供だった大人は、子供の頃に感じた楽しさをそのままに、 違う面が見えて楽しめる人気のジブリ作品になっている。



・あらすじ



北の果てに住むエミシ一族の青年・アシタカ(松田洋二)は、 “タタリ神”に姿を変えたイノシシから村を守るためにタタリ神に矢を放ち、死の呪いを受けてしまった。

村の巫女・ヒイさま(森光子)は、西に呪いを絶つ方法があると預言。旅に出たアシタカは、道中で出会った謎の男・ジコ坊(小林薫)から精錬所“タタラ場”とすべての生命を司る“シシ神の森”について話を聞く。

タタリ神となったイノシシの体から出てきた鉄の玉がタタラ場で作られたものと考えたアシタカは、タタラ場を目指して西へ急ぐことに。


そんな中、犬神に襲われて川岸に倒れていた甲六(西村雅彦)を救出したアシタカは、犬神に育てられた少女・サン(石田ゆり子)と出会う。


人間を嫌う彼女から森を去るように告げられ、甲六を連れて彼が働くタタラ場へと向かうことに。タタラ場を率いるエボシ御前(田中裕子)はアシタカを歓迎。彼女は、女性や病人など世間から蔑まれていた人間が生きていくために独自のコミュニティを築いてきた。

その目的を果たすために森を切り倒したことから、サンと彼女を育てた犬神・モロの君(美輪明宏)の怒りをかっていた。

その夜も、エボシへの復讐心に燃えたサンがタタラ場を襲撃。2人の戦いを止めようとしたアシタカは、暴発した石火矢の銃弾を受けるが、傷ついたサンをなんとかシシ神の森へ送り届けようとする…。だがその後、力尽きて意識を失ってしまう…。


https://kinro.jointv.jp/


・もののけ姫の都市伝説


作中「業病」と呼ばれ、タタラ工場で作業している包帯で巻かれた人々が描写されているが、この病気は「ハンセン病」の人たちを描かれている。
03
業病とは、「自業自得の病気」とされ、「行くあてのない私たちをエボシ様だけが受け入れてくれた」という言葉には、差別、隔離されていることを表している。これはハンセン病患者も過去に言われのない差別を受け、隔離・差別されたことを「業病」と称し、宮崎監督は描きたかったといわれている。





・もののけ姫ラスト


シシ神さまは、首を取ってしまったことで怒らせてしまい巨大化、森全体を飲み込もうとした。サンとアシタカが取られて首を人間の手で返還したことで、森全体が飲み込まれる前に、怒りを鎮めてもらうことが出来た。
02


そしてアシタカとサンと別れ。
サンは「アシタカは好きだ。でも人間を許すことはできない」と村から出て、人間社会で暮らすことを拒否。それに対しアシタカは「会いに行くよ、ヤックルに乗って」という名台詞の後に、物語が終わっている。



・その後のサンとアシタカ



宮崎監督がNHK「プロフェッショナル」で特集された際、二人の関係を「通い婚」と語っている。

その言葉から、アシタカはその後もエボシが再興したタタラ場で暮らし、サンは森で暮らしているのが推測できる。(アシタカは村に戻ることは掟のため出来ないので婚約者と結婚は出来ず)アシタカはタタラ場と人たちと協力し、森で暮らすサンと両方が幸せに暮らせるよう尽力をつくすが、まだまだ根強い隔たりがあり、傷付きながらも、頑張って生きようとする。それがアシタカの運命のだろう。




アシタカがサンを連れてエミシの村に戻るというのは、何の解決にもならないからありえないとも語っていることから、約束通り定期的にヤックルと共にサンのもとに会いに行っているという事が推測できるだろう。



その後の展開を予想すれば、すさまじく厳しい時代を迎えてることだろう。


室町時代が終わった後は戦国時代に突入。
タタラ場争奪は熾烈化するだろうし、身分格差される時代。宮崎監督は作品に「生きろ」とメッセージをだして、アシタカに生き抜く辛さを表している。どんなに困難な時代にも「健やかであれ」というもののけ姫を通して、次世代の人たちへの力強いメッセージなのだろう。






・キャスト
<アシタカ
> 松田洋治

<サン> 石田ゆり子

<エボシ御前> 田中裕子

<ジコ坊> 小林薫

<甲六> 西村雅彦

<ゴンザ> 上條恒彦

<トキ> 島本須美

<山犬> 渡辺哲

<タタリ神> 佐藤允

<牛飼い> 名古屋章

<モロの君> 美輪明宏

<ヒイさま> 森光子

<乙事主> 森繁久彌





この記事の続きを読む

NHKドラマ「ロッキード事件」の真相をわかりやすく真実に迫る!誰が黒幕なのか?先行公開【画像】

2016年7月23日(土)放送、NHKスペシャル・未解決事件File.05「ロッキード事件」
第1部 19時30分~20時45分
第2部 21時00分~22時00分


戦後の日本を急成長させたといわれている田中角栄。
9214706_400x400

昭和40年代前半、田中角栄は自民党内の役職のひとつである「都市政策調査会長」というポストについたが、実のところは「閑職」に近かった。もともとは建築業から身を起こしたこともあり、「この際、都市政策というものにじっくり取り組んでみよう」と考え、後の「日本列島改造論」のもとになる「都市政策大綱」を1968年(昭和43年)に発表。

030

ここから田中角栄が日本を作る夢実現のために剛腕を振るう。


群を抜いた「行動力」何人も真似のできない卓越した「記憶力」多くの人間を惹き付ける「巧みな話術」をもった稀な政治家。そして日本のリーダーとしての「リーダーシップ」は、歴代の総理大臣の中でも、群を抜いてカリスマ性があった。



そして、田中角栄がいなかったら、現在の日中関係はありえなかったし、ここまでの先進国になっていなかったといわれている。



石原慎太郎は、田中角栄の政治手腕を天才と誉めているが、一方で政治に付きまとう「金」。
田中角栄は金の配り方は、歴代の政治家の中でも「別格」自分と敵対する派閥に所属する政治家や野党にまで金を配っていた。大物政治家の中では「使った金が二桁違う」という伝説があるほど。


田中角栄の「汚職」として記録されている「ロッキード事件」を石原慎太郎は「田中角栄は潰された」と無念さを世間にブチまき、日本がアメリカの「同盟国」ではなく「属国」だった事も暗に教えてくれた。


今夜のNHKではなぜ「ロッキード事件」が起ってしまったのか、ドラマ化して現在語られている真相に迫る。
010


・ドラマあらすじ

ちょうど40年前の1976年7月。
田中角栄元首相の逮捕という衝撃的な結末を迎えた「ロッキード事件」。シリーズが始まった5年前から「是非取り上げてほしい」と多くのリクエストが寄せられてきた「戦後最大の疑獄」に3回シリーズで迫る。



「ロッキード事件」には多くの謎が残されている。
米・ロッキード社製の旅客機トライスターの売り込みをめぐり、日本の政財界に巨額の賄賂がばらまかれたとされる事件。

ロ社の代理店・丸紅を通じ田中前首相に5億円が渡ったとされ、田中前首相は逮捕。裁判の一審二審で有罪判決を受けた。しかし、捜査にあたった特捜部が「重要視」していた21億もの巨額なカネの行方はついに解明されなかった。



ロッキード事件の「全貌」とは何だったのか?



事件から40年。
事件の実相を知るための第一級の資料が次々に発掘されている。ロッキード事件の捜査を指揮した東京地検特捜部の主任検事・吉永祐介。吉永が生前、密かに自宅に保管していた膨大な極秘捜査ファイルを入手した。


そこには、検察が21億円のカネの流れを知っていると見られた戦後日本の黒幕・児玉誉士夫を徹底的にマークしていたことが詳細に記されていた。極秘ファイルと元検事たちの証言をもとに、歴史的事件の捜査の、知られざる内幕を「実録ドラマ」化する。


アメリカの議会で突然明るみに出た事件。東京地検特捜部は、事件発覚当初、吉永祐介(松重豊)主任検事の指揮のもと、ロ社の秘密代理人であり「昭和の怪物」と呼ばれた児玉誉士夫(苅谷俊介)を追っていた。


しかし、捜査は難航。
事件は、政界や財界、アメリカをも巻き込んで、混迷の様相を呈する。はたして巨額の賄賂を受け取った政治家は誰なのか。当時、汚職の摘発は年間1千件を超え、国民の政治不信は頂点に達していた。



疑惑の渦中にあった児玉の自宅には、自称右翼の男がセスナ機で突っ込み自爆
。それでも特捜部は、児玉の疑惑を追及しきれずにいた。そうした中、アメリカから届いた新たな資料。そこには、「TANAKA」の文字が…。



政界に絶大な影響力を持つ田中角栄前首相(石橋凌)に特捜部はどのように迫っていったのか。そして、残された巨大な「闇」とは…。数奇な展開をたどった事件を、特捜部の極秘資料から浮かび上がらせていく。

 

裁判でも明らかにされなかったロッキード事件の「闇」。
児玉に渡ったとされた21億円はどこに消えたのか。民間機トライスターの導入をめぐって田中角栄元首相が5億円を受け取ったという、裁判でも認められた事件の構図は真相にたどりついていたのか??


 事件から40年、ドキュメンタリーでは日米双方の一級の資料を発掘し、重い口を開き始めた関係者の証言をたどっていく。「歴史の教科書」にも書かれなかった新たな事件像が浮かび上がってきた。事件は民間機をめぐる日米間の国際スキャンダルにとどまらず、その先には、日米両国政府を巻き込んださらに大きな構造が見えてきたのである。



 ロ社の幹部は、児玉が日本工作に果たした役割を「児玉は我々にとっての“国務省”だった」と語り残していた。右翼の大物は、ロッキード事件発覚直後、児玉が取った「ある行動」を初めて明かした。

当時アメリカのニクソン政権の大物だった人物は、1972年にハワイで行われた、田中・ニクソン会談で、ロッキード事件にも関わる、ある重要なやりとりがなされていたことを証言した。次々に飛び出した歴史的スクープ。新たに見えてきた事件の全体像はいまに何を突き付けるのか探っていく。


http://ww
w.nhk.or.jp/mikaiketsu/




・ロッキード事件とは

1976年2月に発覚した世界的大規模な汚職事件「ロッキード事件」は、米国の航空機メーカーである「ロッキード社」(軍事関係のメーカー)が全日空への同社機の導入(不人気の飛行機)を働きかけるため、30億円以上の資金を不正に提供した事件。

田中角栄をはじめ、当時の防衛庁長官だった中曽根康弘、官房副長官たった故・後藤田正晴、閣僚や有力議員ら政治家、全日空・総合商社丸紅の関係者に至るまで、不正なカネを受け取った疑惑の事件。

田中角栄の金権体質とともに政治家の政治倫理が問われ、「政官財の癒着構造」が明るみになった。


当時、現職総理大臣だった田中角栄には5億円の不正献金がなされたとされ、1審2審で有罪判決が出されたが、裁判が長期化し、田中を含め5人の被告が結審前に死去。結果、真相はいまだわかっていない。


参照wiki



簡単に言えば政治家の汚職事件なのだが、田中角栄がロッキードから賄賂をもらっていたことは、裁判でも明らかになり事実。しかし、その情報を漏らし、逮捕までもっていくように仕向けたのは「アメリカ離れ」を危惧した アメリカの差金ではないかと噂されている。





・ロッキード事件の謎


実はロッキード社の狙いは旅客機ではなく、軍用機の方ではないかと言われている。

自衛隊がロッキード社の軍用機を採用すれば、動くカネは旅客機と比較にならないほど大きいので、軍用機ルートのほうに力を入れて捜査、真相究明すれば別の人物が浮かんでくる可能性があった。



田中角栄が裏金もらったという話が発覚したのは、当時、無名ジャーナリストだった立花隆がスッパ抜いて、現役の田中角栄が捕まり証人喚問まで行われる大騒動まで発展した。

AS20160411002313_comm



ここで不思議なのが、「なぜ誰も知らないようなジャーナリストの立花隆が、政界のドンである田中角栄の情報を入手できたのか?」「 誰がこの名もないライターに情報をリークしたのか?」情報源が明らかになっていない。




・誰が黒幕なのか



田中角栄は、国交断絶していた中国との関係を修復し、「パンダ外交」と呼ばれている両国の発展に大きく貢献した人物。その経済効果は、現在進行形で続いており、計り知れない利益をもたらしている。



それに不満があったのがアメリカ。

アメリカにとって日本は「属国」のような存在。自分の関係ないところで利益を得ることは、アメリカにとって「不利益」と見なされたのだろう。

020
・日本の政治家が中国と仲良くするとことを阻止される理由。



自民党の支持母体が日本会議。
日本会議は、右翼系新興宗教団体「生長の家」から誕生した日本最大の右翼団体であり、政治団体。民党改憲草案を発案しており、安倍内閣の半数以上が所属している。この右翼団体は中国を敵として、国家統制主義を目指すことを理想と掲げている。



日本会議は、自民党政権が続く限り存在し続けて、いまや絶大の力を持っている。アメリカに反対する政治家は排除され、検察、マスコミ、それを信じる日本人にも叩かれる構図が出来てしまっている。


・真犯人はいったい誰なのか?




今夜の放送では、日米双方の一級の資料を発掘し、重い口を開き始めた関係者の証言をもとにドラマ化し真実に迫る。



この記事の続きを読む

藤堂比奈子の原作ネタバレ!異常犯罪捜査官の最終回猟奇連続殺人犯のトリックを公開【動画】

2016年7月12日(火)放送、フジテレビ系「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」第1話 2時間SP
21時00分~22時48分



人気の高い猟奇ミステリー小説をフジテレビがドラマ化「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」。

波瑠が連続ドラマ初主演作品になることで今期の放送の中で最も注目度が高い作品になっている。

先日も目黒でバラバラ事件が実際に起こっている。不謹慎かもしれないが、一般の人はできない犯罪を映像を見るには、夏のこの時期に猟奇的な事件のドラマがハマっているのかもしれない。


精神を病んでいるのに非常に冷静、かつ異常な人。
そんな犯人像を新米刑事・警視庁捜査一課の藤堂比奈子(波瑠)が真相に迫る。


・相関図

Cmf-sBxUcAAz_Xx

・第1話あらすじ



藤堂比奈子(波瑠)は警視庁捜査一課の新人刑事。

母親の形見である七味缶を持ち歩きあらゆるものに振りかけるので、周囲からは変わり者扱いされている。
CnKel7DUsAAM_2F

ある日、捜査一課に宮原秋雄(清水優)という男が遺体で発見されたと連絡が入る。比奈子は先輩刑事の東海林泰久(横山裕)や倉島敬一郎(要潤)と初めて現場へ。無残な遺体を前に一同は言葉を失うが、比奈子だけは平然としていた。

また、遺体の状況が3年前に殺された女子高生の遺体とそっくりだと判明。しかも宮原は当時事件の容疑者として警察がマークしていた人物だった。やがて、東海林が事件現場で宮原のスマートフォンを発見。中には宮原が何者かに襲撃されていると思われる凄惨な映像が残されていた。

後日、宮原に襲われた被害者に聞き込みをしていた比奈子は、心療内科医の中島保(林遣都)に出くわす。さらに、その家に住んでいた被害者が、3カ月前に自殺していたことが分かり…。同じ頃、遺体の解剖結果も明らかに。監察医の石上妙子(原田美枝子)によると、宮原の傷は3年前の女子高生の遺体とすべて一致。

しかしそれらは宮原が自らつけたものだという。宮原の死は自殺ということになるが、厚田巌夫(渡部篤郎)はどうも腑に落ちない。そんななか、例の宮原の死に際の映像がネット上に流出していることが判明。やはり単純な自殺で処理することはできない、警察がそう睨んだ矢先、今度は公園で女性の遺体が発見されてー。

公式サイト
http://www.ktv.jp/on/index.html



・原作ネタバレ

著者は内藤了「ON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子」シリーズ。

ドラマでは様々なシリーズを1話完結で放送する流れになると予想される。


CnKQQKvVUAE3Gqx

大筋のストーリーは自殺事件が連続し、被害者たちは過去に「殺人を犯している」加害者の立場という設定。


最後に犯人が、自分が犯した殺人方法と同じ手口で自殺する
「脳に人工的にポリープを創り、自殺する」という現代科学を利用した遠隔操作を行い、犯行がばれないようにしている。

遠隔操作を行う為に特殊な電磁波により、脳の「扁桃体」を腫らしてポリープを作るというトリック。実際に行うには相当な医学に精通してる人物。


実際には、脳の一部を攻撃・刺激したところで、自殺させるのは困難だろう。
おそらく、視床下部や下垂体を刺激して生理(ストレス)反応も促進させることぐらいはできる。おなじ刺激を受けても、個体差が大きいため、確実に自殺させることはできないだろう


参照wiki


実際にこんな方法が確立しているのなら、医療面での貢献が期待される。


高周波(スマホなど)や低周波(高圧線等)の電磁波によって脳腫瘍のリスクが高まることはあるらしいが、それにしても「長期曝露」した場合。超短期の被爆で「扁桃体」を腫らすとは、難しい。



したがって小説の世界の中でしか出来ない犯行。

ドラマの中では設定が若干違うので、違うオリジナルストーリーになる可能性が高いだろう。



出演者
波瑠 
横山裕 
要潤 
高橋努 
斉藤慎二(ジャングルポケット) 
百瀬朔 
佐藤玲    
三浦貴大 
篠田麻里子 
山中崇    
林遣都 
奥貫薫 
光石研 
原田美枝子 
渡部篤郎



この記事の続きを読む

ドラマ「好きな人がいること」LINEシークレットのネタバレ!原作あらすじを先行公開【動画】

2016年7月11日(月)放送、フジテレビ系「好きな人がいること」第1話
21時00分~22時09分


フジテレビの月9「好きな人がいること」

前作の福山雅治主演の「ラヴソング」は、ヒロインに全くの無名を起用し、20歳も離れてるのに恋愛ものに持ち込もうとした結果、視聴者から拒絶されてしまい、大コケで終わってしまった。

今回の「好きな人がいること」は恋愛の王道。
恋愛シミレーションみたいなイケメン3人に言い寄られるという恋愛弱者の櫻井美咲(桐谷美玲)の物語設定は、2chでは前評判がいいようだ。7月から始まるドラマの中では一番注目を集めているといえる。



2016年 7月連ドラマ一覧
「好きな人がいること」桐谷美玲
「神の舌を持つ男」向井理
「営業部長 吉良奈津子」松嶋菜々子
「水族館ガール」松岡茉優
「家を売る女」北川景子
「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」波瑠
「夏目漱石の妻」尾野真千子
「時をかける少女」黒島結菜/菊池風磨
「朝が来る」安田成美
「HOPE~期待ゼロの新入社員~」中島裕翔
「そして誰もいなくなった」藤原竜也
「きみはペット」入山法子×志尊淳
「勇者ヨシヒコ」山田孝之
「闇金ウシジマくん3」山田孝之


原作は公開されておらず、月9ドラマ、「恋仲」を担当した桑村さや香が脚本を手掛けているので、恋愛ドラマの王道の展開になるだろう。

恋に揺れる女心を描写し、恋愛に不器用でも懸命にその恋を実らせようと努力する女性の姿、ハッキリしない態度が桐谷美玲の演技に求められる。言い寄ってくる男性もどこか不器用なところがあり、恋愛ゲームに近い感覚で見れることだろう。


・相関図
bandicam 2016-07-11 16-07-23-209


・第1話あらすじ



パティシエの櫻井美咲(桐谷美玲)は、一流ホテルの中途採用試験に自作のウェディングケーキを持ち込んで披露する。しかし、面接官の評判は良くない。

結果、不採用。
レストランで愚痴る美咲は、後輩の石川若葉(阿部純子)からケーキを飾った人形のキス顏が唇を突き出しすぎだったからだと指摘される。悔しさがこみ上げる。心を落ち着かせ出ようとすると鍵が開かない。

しばらくすると、店員が探しに来た。ドアをこじ開けた店員は美咲の初恋の人、柴崎千秋(三浦翔平)だった。 千秋に近況を話す美咲は一流ホテルのパティシエだが、今は厨房が改装中で休みだと嘘をつく。

すると、千秋はその間、湘南にある自分のレストランで、住み込みで働かないかと美咲を誘った。 湘南に着いた美咲が、砂浜で写真を撮ってもらおうと相手を探すとひとりのサーファー(山崎賢人)が現れた。

その男に強引にスマホを渡した美咲は、ジャンプの瞬間を撮ってもらおうとするが倒れてしまう。波もかぶってずぶ濡れの姿を撮影され、カチンと来る美咲。だが男は無愛想に去って行く。

柴崎家に着いた美咲。
すると後ろから男に抱きつかれる。千秋?と、期待する美咲だが別人。冬真(野村周平)と名乗る男は千秋の弟で、一緒に住むことになると言う。さらにそこには先ほどの海の男も!柴崎家の次男で柴崎夏向といい、レストランを支えるシェフだと言う。美咲はこの3兄弟たちと共同生活をすることに!?

公式サイト
http://www.fujitv.co.jp/sukinahitogairukoto/index.html


好きな人がいること」では、公式LINEでシークレットキーワードを入力すると、出演者の未公開画像がもらえるサービスを行っている。


キーワード一覧
・キュンキュン
・パティシエ
・犬猿の仲
・バイバイ
・天才シェフ
・櫻子
・初恋
・誕生日
・風花
・ドラマツアーズ
・ネプリーグSP711
・プロデューサー
・撮影
・ホンマでっか
・らくがき
・好きな人がいること
・スキコト記者会見
・6人の戦士たち

01
02
03

・原作ネタバレ


原作は公開されていないが「恋仲」のような明るくて楽しい恋愛ドラマになるだろう。

イケメンに囲まれるというドラマは、過去に放送された「イケメンパラダイス」のように、周囲の人が先にヒロインに好きになって、誰とくっつくのかという展開に近いのかもしれない。「恋仲」ではあかりと葵に様々なトラブルに巻き込まれ、果たして結ばれることが出来るのかというストーリーだった。(結果、二人は交際しハッピーエンド)



・月9でハッピーエンドじゃなかった放送は「東京ラブストーリー」だけ

過去放送された月9ドラマで、最終回がハッピーエンドでなかったのは鈴木保奈美と織田裕二主演「東京ラブストーリー」だけ。ストーリー展開からみて、悲しい結末を予想させたりはしないだろう。月9は基本「ラブコメ」が多いので、明るくみんなが納得する終わり方になると予想される。


05

・キャスト

桐谷美玲 
山崎賢人 
三浦翔平 
野村周平 
大原櫻子 
浜野謙太 
佐野ひなこ 
飯豊まりえ 
菜々緒 
吉田鋼太郎





この記事の続きを読む

三億円事件の真犯人の少年S実名の真相をドラマ「モンタージュ三億円事件奇譚 」で先行公開【動画】


2016年6月25日(土)放送、フジテレビ系・土曜プレミアム「モンタージュ~三億円事件奇譚」
前編
21時00分~23時10分

世界の中でも治安のいい国といわれている日本。
「交番」という世界で類を見ない日本独自の制度を取り入れていることが、抑止力にもなっている。

犯人を逮捕した件数と警察が発生したと「認識」した事件数で割った数値が「検挙率」になるのだが、検挙率では日本の警察は優秀という結果になる。しかし、警察が「認識」されていない日本で起きた犯罪は、全体の7割以上は未解決といわれている。世間を大きく騒がせた大事件から、窃盗などの小さな事件も含めると、警察も把握しきれていないのが現状だ。

その中でも20世紀最大の未解決事件といわれる「三億円事件」

CltbytuVEAAVJ8k

大卒の初任給が3万円だった1968年12月10日に起きた事件。
現在の貨幣価値に換算すると、約30億円にもなる。なぜたくさんの犯人へつながる手がかりを見つけながらも、犯人逮捕に至らなかったのか、ドラマが放送される前に事件の真相を紹介する。

・あらすじ

1968年12月10日に、東京都府中市で発生した20世紀最大の未解決事件「三億円事件」。空前の規模で大捜査が行われたものの、犯人逮捕には至らず、時効を迎えた。

舞台は2009年の長崎、高校3年生の鳴海大和(福士蒼汰)は通学路の途中で、幼なじみの小田切未来(芳根京子)と共に、瀕死の老人・東海林明(香川照之)を発見。大和は唐突に、東海林から「お前の父親は、三億円事件の犯人だ。誰も信用するな」と告げられる。

その日の夜から、突然、姿を消した大和の父親・鳴海鉄也(唐沢寿明)は、三日後に長崎から遠く離れた東京で水死体として発見される。  時は過ぎ、2016年の長崎、25歳になった大和は、フリーターとして日々を無為に過ごしていた。

日々を漫然と過ごす大和は、その不満を埋めるかのように、7年前に東海林から告げられた「お前の父親は、三億円事件の犯人だ」という言葉に妄想を膨らまし、「三億円事件」について詳しく調べ始める。そんな折、大和は父親・鉄也の形見の剣道着から、血痕が付着した旧・五百円札を発見する。  

数日後、未来の父親・武雄(デビット伊東)と母親・葉子(西尾まり)が失踪。夫婦の失踪と三億円事件の関連を疑う大和は、彼らが今は誰も住んでいない孤島、軍艦島に向かったことに気付く。夫婦を追って、軍艦島にたどり着いた大和と未来は、三億円事件で奪われたと思われる旧一万円札の束が詰まった袋を発見する。

公式サイト
http://www.fujitv.co.jp/montage/

01

・事件概要

1968年12月10日午前9時30分。
日本信託銀行(現在の三菱UFJ信託銀行)国分寺支店から東京芝浦電気(東芝)府中工場へ、工場従業員のボーナス約3億円(正確には2億9430万7500円)分が入ったジュラルミンのトランク3個を輸送中の現金輸送車(セドリック)が、府中刑務所裏の府中市栄町、学園通りと通称される通りに差し掛かった。

この4日前にも、支店長宛ての脅迫状が送り付けられていたため、その雰囲気に行員たちは呑まれてしまっていた。犯人は、輸送車の車体に潜り込み爆弾を捜すふりをして、隠し持っていた発煙筒に点火。「爆発するぞ!早く逃げろ」と避難させた直後に輸送車を運転し、白バイをその場に残したまま逃走した。
直ちに緊急配備が敷かれ、要所要所で検問が行なわれたが、“銀色のトランクを積んだ灰色ライトバン”を捕捉していながら突破され逃げられており、これが容疑者の最後の姿と見られる。

参照wki

02
事件当日、現場には多くの遺留品が残っていたことで、警察が初動捜査でミスをしてしまう。

当初、警察は多くの遺留品から「この事件は簡単に解決できる」と考えていたのだろう。遺留品のハンチング帽を捜査員が面白がってかぶったことが当時のワイドショーで報道され大きく話題になった。

また、事件の遺留品が当時の大量生産品が多く絞込みができなかった。当時の警察にDNA鑑定の技術がなかっこともあり、一つ一つの遺留品を手掛かりに捜査していくと途中で犯人への手がかりが途絶えてしまい、時間だけが過ぎてしまった。

・三億円事件の真相

この事件はさまざまな憶測が呼び、多くの人が事件について語っている。
その中でも有名な説が3つ。

・「白バイ警官の息子」説
・一橋文哉が唱えた「元白バイ警官の松田氏」と「ロク」と「ジョー」の共犯説
・「公安警察」による陰謀説

この中で一番可能性が高いのが、「白バイ警官の息子」説。

立川で不良少年のグループの一人「S少年」は、白バイ警官の息子だったことで、簡単に白バイ隊員に扮装することができたという説だ。


当時の捜査一課、「鬼の八兵衛」こと平塚八兵衛刑事がこの事件の捜査主任であったが、目星をつけていたS少年の父親に何度も事情聴取していたものの拉致があかず、行方をくらませたS少年を別件で確保するため張り込みを続けていた。

そして、S少年が帰宅したことを確認するが、父親と口論によるケンカし始めたため、様子をうかがっていたが、声が聞こえなくなったので自宅を訪ねるとS少年が亡くなっていた。

< br />
S少年からは青酸カリが検出されており、父親の犯行も可能性も浮上した。しかし、八兵衛刑事は自殺と断定し、「S少年は犯人ではない」と事件を闇に葬ったとされている。証拠隠滅による罪になるが、当時はまだ桜田門の警視庁旧庁舎で、昔ながらの警察体質がまだ残っていたと考えられる。

・S少年が犯人でない説

S少年が犯人だとすると、事件当日に矛盾が生じるので、平塚八兵衛刑事の「犯人じゃない」という言い分も一理ある。


実は、S少年は1969年9月まで鑑別所に入っていた。
仮にS少年が実行犯だとすると、事件当日に脱走しての犯行に及んだことになる。


事前に脅迫状を送り、車両を盗難までしているので、S少年には実行不可能になる。仮に共犯者がいたとしても、本来なら事件当日に鑑別所に入っているはずのS少年を実行犯にするとは考えにくい。


その日だけ、脱走することを事件に計画していたとしても、失敗する可能性の方が高い。
当時の鑑別所は刑務所より警備が緩かったとはいえ、脱走して事件を起こし、そのまま誰にも気づかれず戻ることは難しいだろう。

もしS少年を中心とした立川グループの犯行でメンバーが共犯者なら、他の仲間を取り調べすればいいはず。さらに、仲間もアリバイが成立していたし、立川グループは事件直後と八兵衛の二度、徹底的に捜査しているので、犯人ではない可能性の方が高い。

以上のことから、S少年犯行説を立証するのは難しいだろう。

・三億円の行方

お札には1枚づつ違う数字が書かれているので、三億円を使用すれば、どこで使われたか足取りを追える。しかし、事件以降、現在に至るまで、使用された形跡がないので、そのままの状態の可能性がある。

そして、三億円には保険がかけてあり、銀行や現金輸送の会社は現金・有価証券用の盗難保険を付けている。事件の後に銀行はこの保険で三億円が支払われ、銀行や輸送会社には損害はなかった。さらに、保険会社はリスクの分散するため、数社がかけもちで保険を請け負っていたので、分散して支払われた。(単なる紛失や詐欺、横領は支払われない)

このことから、誰も損をせず(保険会社以外)に犯人は三億円を奪い、行方を晦ましたことになる。

ドラマの中では犯人につながる実際にあった証拠や手がかりを公開し、当時の事件の概要を鮮明に描かれる。

・相関図

1968年
bandicam 2016-06-24 23-18-44-168

現在
bandicam 2016-06-24 23-18-56-062
bandicam 2016-06-24 23-19-07-307

・キャスト

現在
鳴海大和「福士蒼汰」

小田切未来<芳根京子>

鈴木泰成<劇団ひとり>

関口二郎<遠藤憲一>

響子ギブソン<夏木マリ>

東海林 明<香川照之>

鳴海鉄也<唐沢寿明>

沢田慎之介<西田敏行>

・1969年キャスト

川崎雄大<野村周平>

井上和子<門脇 麦>

望月 竜<渋谷謙人>

響子ギブソン<ホラン千秋>

横溝 保<瀬戸利樹>

沢田慎之介<三浦貴大>

東海林 明<香川照之>

 



この記事の続きを読む

世にも奇妙な物語16「通いの軍隊」「夢みる機械」「クイズのおっさん」「美人税」ネタバレあらすじ、原作の結末を先行公開【動画】

2016年5月28日(土)放送、フジテレビ系「土曜プレミアム・世にも奇妙な物語’16」春の特別編
21時00分~23時10分

タモリがストーリーテラーを勤める奇妙で怖い、面白い話から不思議な話まで多くの名作を生みだした「世にも奇妙な物語」未だ根強いファン、今でもファンを増やしている新作が今夜放送。

気になるのはストーリーテラーの正体。

最後のキャストロールにタモリの名前がないいつもないのはいったいなぜなのか?
その意味が26周年目の今夜とうとう明かされる。





・あらすじ

・通いの軍隊

前島啓一郎(西島秀俊)が住む日本では、世界的な納豆ブームを受け、「ニュー・イバラキ」が日本からの独立を宣言し政府軍との戦いが続けられている。
前島が勤める会社が納品したライフルに不具合があり迷惑をかけたため政府軍におわびにいくよう上司から指示される。謝りに行くと、そこはサラリーマン化した戦場。すぐに帰るはずが、気づけば戦争へ加担しており、やりがいをも感じるようになっていく。そんな前島を驚くべき結末が待っていた…。


・夢みる機械

野間崎健二(窪田正孝)は漫画家になる夢を抱きながら作品を描き続けているがなかなか認められない青年。両親からも現実を見つめ就職を考えるようにと言われている。いつものように母親と言い争った際、部屋から押し出した母親がふいに倒れてしまう。
その瞬間驚きの事実が明らかに!母親が実は機械だったのだ。恋人の慶子(石橋杏奈)はそんな健二を励ますのだったが…。次々と驚きの事実を目撃し追い詰められていく健二。彼が選択した決断とは。


・クイズのおっさん

古賀三郎(高橋一生)はなんの面白みもない毎日に嫌気がさし、ちょっとだけ変化がほしいと思い軽い気持ちでクイズ番組に出演する。それがすべての始まり。
クイズで優勝した三郎に与えられた賞品は、優勝賞金100万円、そしてなんと「クイズ1年分」。なんのことかと思っていた三郎の前に翌日からクイズを出題するナゾのおっさん(松重豊)が現れる。“クイズのおっさん”に追いかけ回される三郎。おっさんと三郎の世にも奇妙な日々が始まる。


・美人税

財政が逼迫する中、日本政府は「美人税」を導入する。美人は男性から御飯をご馳走してもらったり、他の人が叱られたりする中、優しくされたり、人生において得をしている。だから税金を払えというのである。
美しい愛子(佐々木希)の美人税は20%と高額。かさんでいく税金に全く納得がいかない愛子だったが、次第に政府に認定された特別な美人であることに優越感を覚え始める。しかし、「美人税」が思わぬ事態を次々と巻き起こしていくのだった…。

公式サイト
http://www.fujitv.co.jp/premium/index.html




・原作ネタバレ
「通いの軍隊」の原作・筒井康隆の「おれに関する噂」に収録されている「通いの軍隊」になるので原作の結末を紹介。
01


前島啓一郎(西島秀俊)の住む場所は日本の中に出来た国「ニュー・イバラキ」の近くに住んでいる。「ニュー・イバラキ」は生産する納豆が大ブームになり、日本から独立した一つの国だ。「ニュー・イバラキ」は日本政府軍に独立戦争を仕掛け、街中は激しい銃撃戦を行う戦場と化していた。銃販売をしている会社に勤務する平凡な会社員の前島は、政府軍に注文をうけ、納品した銃の不良品だったことで、謝罪して銃を治しに行くことから物語が始まる。


前島は全く乗り気ではないが、もともと普通の会社員。
上司の命令には逆らえず、謝罪に行くが、街中は戦場と化していた。会社に行くにも「通いの軍隊」の兵隊となり、戦場に毎日出勤。家族は「ニュー・イバラキ」軍が現れたことになったことで、前島の収入が増えたことに、家のローンも早く返済できると喜んでいた。そして、今回の謝罪に成功し、無事納品できれば臨時手当が出ることに大喜びするのだった。


謝罪の日。
「通いの軍隊」は街中にいたるところにいて、毎朝銃撃戦を行っている。
前島たちは弾丸飛び交う戦場を駆け巡り、襲ってくる「通いの軍隊」に銃で応戦しながら、政府軍の戦場へ謝罪に向かう。道中、トラブルに巻き込まれながらも、電車に乗り込むことに成功。


無事、現地についくが銃撃でちこくしてしまった。早速、不良品の修理に取り掛かるが、自分たちの持っていたライフルまで不良品になってしまい、修理に戸惑ってしまう。


時間がすぎ、ランチタイムのチャイムが鳴ると、政府軍とニュー・イバラキ軍は銃撃戦を辞め、双方昼食をとることになる。唯一の安らぎの時間だが、一緒に食事をする周りの兵隊たちが見おぼえない顔ばかり。前島はいつの間にか、ニュー・イバラキ軍に占領されていた地域に入っていたのだった。


ばれないように振る舞う前島だったが、一人が銃製造会社の社員だと気付いてしまう。
逃げ出す前島を後ろから銃で撃つが、幸い不良品の銃のおかげで不発に終わり、なんとかその場を逃げることに成功した。


ちょうど、ランチタイム時間が終わり、再び戦闘開始。
前島は政府軍に合流し、再び銃の不良品の修理の取り掛かる。しかし、全くはかどらず、勤務時間の5時を過ぎようとしていた。そして、勤務時間が過ぎたので帰宅しようとすると、政府軍の兵士に「遅刻してきた分、見張りとして1晩たっていろ」と命令される。遅刻した負い目と残業手当がつくこと、さらに政府軍から手当も出るという事で、前島は引き受けることにする。


見張りをしながら1時間に1回、弾薬チェックをしに行くだけの仕事。
前島は見張りの時間に銃を修理しようと作業しながら見張りを行っていた。そして、夕食時間になるが、食事が出てこない。食事は出ないのか
と思ったその時、前島の嫁がお弁当を持って訪ねてくる。残業で頑張る夫のために手料理弁当を持ってきたのだった。

二人で食事をしながら会話していると、見回りの時間がやってきた。
前島は嫁を残し、見回りに行こうとしたその時、後ろから誰かに殴られてしまい、そのまま気絶する。


気が付くと、前島は両手足を拘束されており、目の前には爆弾が備え付けられていた。
その爆弾を爆発させようとしているニュー・イバラキ軍の兵士に必死に「俺は政府軍の人間じゃない!ただの会社員で通い軍隊の一人だ」と命乞いをする。

ニュー・イバラキ軍のその男は前島に近づき、つぶやく。
「俺も「通い」だ」と薬品会社の勤務の男は、上司の命令でただ爆破の命令を受けているだけの男だった。その後の前島の描写は描かれていないが、そのまま爆破されてしまったという奇妙の物語だった。


・キャスト
西島秀俊:前島啓一郎
中村優子:前島唯
マギー:森内



・クイズのおっさんネタバレ
クイズのおっさんの原作は「おっさんの宴」竹本友二が原作。
02

優勝賞品のクイズのおっさんは正体不明。
こに住んで、どこから現れているのかさっぱりわからない。最初は家のインターホンを鳴らし現れていたのだが、徐々に朝、昼、晩と時間関係なく出現してくるようになる。


そして、クイズに答えて正解しても何ももらえず、ただひたすらクイズを出題し続けるおっさんだった。古賀は最初は面白がったが、徐々におっさんから逃げるように日々を過ごしていく。それでもおっさんはどこまでもおいかけ、現れる。

ある日、寒空の下、凍えそうに身を震わせているクイズのおっさんを見つけ、「どうせ現れるんだから」と家にあげ、奇妙な共同生活が始まる。


おっさんは私語は一切しないというクイズのおっさんのプロ。
古賀が話しかけても、クイズでしか会話が出来ず、出題する問題を答え、おっさんとコミュニケーションをとるしかなかった。最初は嫌だったクイズのおっさんだが、いつの間にか古賀の中で、奇妙な絆ができていたことに気づきだしていた。

そして別れの時がやってきた。

最後の問題を出題され、そのクイズの答え「友達」を答える古賀。
答えを聞いたクイズのおっさんはどこか嬉しそうに、古賀の家から出ていったのだった。


おっさんがいなくなった古賀はどこか心に隙間ができたむなしい感情になっていた。そして、何気なくテレビをみると、前にでたクイズ番組が放送されていた。

そして、その番組を見ているとどこからともなくおっさんのクイズを出す声が聞こえてくる。振り返る古賀は何とも言えない感情の表情で物語を終えている。


・キャスト
松重豊:おっさん 
高橋一生:古賀三郎
藤本泉:森本ゆみ
福澤朗:クイズ司会者


・夢みる機械ネタバレ
原作は諸星大二郎の「夢みる機械」
03

野間崎健二(窪田正孝)の世界は近未来の世界。
家族だった母親が実はロボットだったという事実を知り、激しく動揺する。恋人の慶子も実はロボットだったと知り、野間崎は機械が作った世界に自分だけが一人人間だと気づく。


そして、母親だと思っていたロボットを回収する謎の組織の後をつけ、思考回路を母親のチップをロボットに組み込んでいる謎の製造工場を見つけ出す。そこで野間崎が見たものは驚くべき事実だった。

野間崎は工場にいた人型のマザーコンピューターに「ここは何の工場だ」と質問を投げかけると、マザーコンピューターから死の世界がない「夢の世界」と怪しげな回答。

そして、この世界にいる人間はすべてロボットだとそこで知らされる。
本当の人間に紛れロボットは侵略しており、そしていずれロボットにこの世界を埋め尽くすという計画を聞かされる。そんなことを許せないと野間崎は、工場の核である制御室に乗り込み破戒をしてしまう。これで解放されると野間崎は自分以外の人間を探しに外に出ると、そこは時間の止まった世界のように誰一人動くものは存在しなかった。



そして、 野間崎もしばらくすると動きが止まってしまう。

そう、 野間崎もロボットだったのだ
しばらくするとマザーコンピューターが制御回路を復元させ、再び「夢の世界」が動き出す。動かない野間崎を残して時間が動き出したところで物語は終わっている。


・キャスト
窪田正孝:野間崎健二
石橋杏奈:稲葉慶子
すみれ:受付嬢
山路和弘:理事長
小野了:野間崎六郎(健二父)
舟木幸:野間崎直美(健二母)

・美人税ネタバレ

美人税は原作は公開されていない。

・キャスト
佐々木希:貴島愛子
浦井健治:野々村健一
中村アン:田島麗子
杉本彩:古参囚人



この記事の続きを読む

海街diaryネタバレあらすじ、地上波初放送の原作結末を先行公開【動画】

2016年5月21日(土)放送、フジテレビ系土曜プレミアム・映画「海街diary」
21時00分~23時35分


2016年カンヌ国際映画祭出品、日本アカデミー賞4部門受賞作「海街diary」が地上波初放送。


舞台は鎌倉で四姉妹が生活する上で誰もが経験するような家族のやりとりが観ていて共感する絆の物語。ほっとするような、何だか懐かしい気持ちになれる作品。


物語は綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆の三姉妹の父が亡くなったことから始まっている。そして、父は姉妹が幼い頃に他の女性を愛してしまって家族を捨て、再婚相手の間に生まれたのが広瀬すずと対面し、4姉妹になったストーリー。


実はそれぞれ秘密を抱える4人姉妹。
広瀬すずが第39回「日本アカデミー」新人俳優賞 を受賞した作品でもあり、 すずや家族に対する愛情、不倫相手への抑制された愛情、父に対する愛情、さまざまな愛情のかたちを感じ家族の絆を深めていく。

・相関図
oth14111705050001-p3

・あらすじ

家族を捨てた父が、のこしてくれた家族。  
海の見える街を舞台に、四姉妹が絆を紡いでいく。深く心に響く、家族の物語。  
まぶしい光に包まれた夏の朝、鎌倉に住む三姉妹に届いた父の訃報。15年前、父は家族を捨て、その後、母(大竹しのぶ)も再婚して家を去った。父の葬儀で、三姉妹は腹違いの妹すず(広瀬すず)と出会う。三姉妹の父を奪ったすずの母は既に他界し、頼りない義母を支え気丈に振る舞う中学生のすずに、長女の幸(綾瀬はるか)は思わず声をかける。「鎌倉で一緒に暮らさない?」。  

しっかり者の幸と自由奔放な次女の佳乃(長澤まさみ)は何かとぶつかり合い、三女の千佳(夏帆)はマイペース、そんな三姉妹の生活にすずが加わった。季節の食卓を囲み、それぞれの悩みや喜びを分かちあっていく。
しかし、祖母の七回忌に音信不通だった母が現れたことで、一見穏やかだった四姉妹の日常に、秘められていた心のトゲが見え始めるー。

http://www.fujitv.co.jp/premium/index.html


・原作ネタバレ

すず(広瀬すず)は温かく迎え入れられる。

しかし、それぞれ4姉妹には想い悩みがあった。


すずは、自身が浮気相手の子供であることの苦悩。
三女の香田千佳(夏帆)はスポーツ用品店の店主・浜田三蔵(池田貴史)に好意?を寄せている。次女の香田佳乃(長澤まさみ)には交際している彼氏がヒモ同然だったが、破局してしまう。
長女の香田幸(綾瀬はるか)の恋人は既婚者だが別居中の椎名。(現時点では不倫になる)

それぞれ悩みを抱えながらも、4姉妹それぞれの感情の変化を描ていく。

すずは新しい学校で、サッカーチーム「湘南オクトパス」に入部。いきなりシュートを決め、チームに打ち解けていく。そのサッカーチームのチームメイト・尾崎風太(前田旺志郎)と親しくなっていく。(原作では尾崎は病気で入院してしまうが映画ではそのエピソードは描かれていない)



姉妹のほのぼのエピソードが続き、姉妹たちの関係が微妙に変わってくる。

祖母の七回忌の日、現在は札幌に住む三姉妹の母・都(大竹しのぶ)が訪ねてくる。
都は姉妹を捨て家を出ていったので、幸は内心複雑な気持ちだった。しかし、久しぶりの再会に少し話をすることに。小さく見える都に幸は昔の憎しみの感情はなくなっていた。
他の姉妹に会っていけばと勧めるが、顔を合わせることなく帰郷。さらに複雑な感情になる幸。



後日、医者である椎名の家にいる幸。
いつものように身の回りの世話をしているとアメリカに研修にいくことを告げられる。「一緒に行こう」と妻と離婚し、幸に結婚を申し込む。その場での返事を躊躇。

自宅に帰ると、すずが幸との何気ない会話で「奥さんがいる人好きになるなんて許せない」といってしまったことを謝りたいと姉妹と口論していた。次女の佳乃と幸で二人に話し合い、「家の心配しなくていいから結婚しちゃいなよ」と後押しされる。

後日、なにか決心したように父親の仏壇の前にいる幸。

すずが起きてくると、自身のおさがりの浴衣を仕立て直しプレゼントしてから、幸は椎名にプロポーズを断り、関係を終わらすことにした。


花火の日。
姉妹を小さいころから支えてくれた近所の山猫亭の二ノ宮さち子(風吹ジュン)が亡くなったと訃報が届く。

cached (1)



4姉妹は海辺でさち子の思い出、姉妹の絆を再確認し、続編がありそうな形で物語は終わっている。



・キャスト
綾瀬はるか(香田幸)
長澤まさみ(香田佳乃)
夏帆(香田千佳)
広瀬すず(浅野すず)
加瀬亮(坂下美海)
鈴木亮平(井上泰之)
池田貴史(浜田三蔵)
坂口健太郎(藤井朋章)
前田旺志郎(尾崎風太)
キムラ緑子 
樹木希林 
リリー・フランキー(福田仙一)
風吹ジュン(二ノ宮さち子)
堤真一(椎名和也)
大竹しのぶ(佐々木都)



この記事の続きを読む

「ソロモンの偽証」ネタバレあらすじ、柏木の自殺の真実を原作と金曜ロードショーテレビ放送前編後編を先行公開【動画】

2016年5月20日(金)放送、日本テレビ系・金曜ロードSHOW!「ソロモンの偽証 前篇・事件」
21時00分~22時54分


宮部みゆき原作「ソロモンの偽証」現代ミステリー2部作の前編が地上波初放送。

平凡な中学生たちが、同級生が自殺に追い込まれた真相を探るため、真実を探すミステリー小説。原作では6部作に別れているが、映画では前後編で完結している。
main_large

ソロモンとは
古代イスラエル王国の王の名称。大魔術師として語り継がれているソロモン.多くの詩を残し、動物と会話したというと言われて、魔術で奇跡を起こした。ソロモンが記した魔術書が後世に残り、語り継がれている。



絶望な状況の中、多くの謎や伏線の連続。
映画の方は原作を読まずに見ると、なぜ柏木(望月歩)自殺にまで追い込まれてしまったのか、理解できない展開があるので先行して、原作の結末を紹介する。


・相関図
150216_001




・あらすじ


ホワイトクリスマスとなった終業式の朝。
中学2年生の涼子(藤野涼子)と野田(前田航基)は、校舎の裏でクラスメイトの柏木(望月歩)の遺体を発見した。遺書はなかったが、佐々木刑事(田畑智子)は不登校だった柏木が自殺したと断定。しかしある日、涼子と校長の津崎(小日向文世)のもとに「柏木はクラスメイトの大出(清水尋也)に殺された」という内容の告発状が届く…。

大出は、ニキビに悩む少女・樹理(石井杏奈)や彼女の親友の松子(富田望生)をはじめ、多くの生徒に暴力をふるう問題児だった。告発状はもう一通…。担任の森内(黒木華)宛ての告発状が破り捨てられた状態でテレビ局に送り届けられる。

記者の茂木(田中壮太郎)は、独自に調査を開始。
一方、告発状が偽物だと判断した佐々木は、告発状の送り主を突き止めようと生徒全員を相手にカウンセリングを始める。

そんな中、樹理は、大出たちが柏木の殺害について話していたと告白。生徒たちから話を聞いた佐々木は、告発状の送り主が樹理と松子ではないかと考える。

生徒たちを傷つけないためにと津崎は捜査の中止を求めるが、大出が犯人だというウワサは次第に大きくなっていく。涼子は、死の真相から目を背け続けるような学校と警察の様子に不信感を抱き…。

公式サイト
https://kinro.jointv.jp/

・原作ネタバレ

冒頭から大人になった涼子(藤野涼子)が現れ、伝説と語り継がれている過去を語りだす。


・告発状の犯人探し

学級員の優等生だった涼子は、大出にイジメられている珠理と松子を目撃していた。
しかし、その現場を見てみぬふりをしてしまったことに、涼子が生み出した空想の柏木が現れ、激しく罵倒を受ける。

イジメをうける珠理
o0416027713238904796


告発状の件で学校は大荒れ。
担任の森内は、告発状の件で辞表を提出、そして森内は「柏木が呪いをかけた」とこの柏木自殺騒動について意味深発言をする。

そして、ついにニュース番組で告発状が読み上げられてしまい、全国的にこの事件が知れ渡ってしまう。これにより柏木をイジメていた大出たちが追い込まれていく。大出の両親はマスコミのバッシングを受け、家庭崩壊寸前。学校は緊急説明会を開き、生徒の親たちの前で、告発状について疑問点を語る。

・事件発生時刻が深夜の学校の屋上だった事
・その時間に屋上で第三者が偶然目撃することは不可能
・どうしてすぐに救急車を呼ばなかったのか?

何もしなかったのは目撃したことがウソだった佐々木から説明される。

この説明会の夜。
松子が樹理の家に泣きながら向かう途中。雨が降る夜中に車ではねられ意識不明の重症を負ってしまう。次の日、松子は亡くなったことを珠理が知り、ショックからか声が出なくなってしまう。


これにより、珠理と松子が告発状を出したかどうかわからなくなってしまう。
この件で校長の津崎(小日向文世)は辞職。不幸の連鎖が続いていく。


この不幸の連鎖を黙ってみていた涼子は、涼子が作り出した空想の柏木に「おまえみたいなやつが偽善者なんだよ」とののしられ、自分の自殺を考えていた。が、逃げるなら闘おうと思いとどまり、松子の死、柏木の告発状、偶然の事故ではなく、何らかの真相が探るため動き出す。


月日が流れ6月。
涼子は柏木の親友・神原和彦(板垣瑞生)と初対面する。
その時の会話のきっかけで「学校で裁判をすればいいんだ」と真相を探る手がかりを得る。

柏木は自殺なのか
大出たちに殺されたのか
告発状は樹里なのか

すべて裁判で決めることを提案。すぐさま担任に直訴すると、あっさり了承される。
裁判は陪審員を設置し、多数決で判決を決めるためで図書館で調べながら、裁判について計画をたてていく。大出には柏木の親友・神原が弁護人として付きたいと直訴。被告の大出を追い詰める検事役には涼子がやることになった。クラスのみんなも何が本当で何がウソなのか知りたいと裁判に協力的だった。

涼子たちは全生徒に裁判への協力を求め、ビラやポスターで呼びかけるが、教師たちの一部は反対し妨害を受けるが、余計に反発を生み、やる気を出させる結果となってしまい、多くの生徒が参加を表明。


裁判の日程は8月15日。

被告は大出と樹里。
大出の弁護人に神原。涼子は検事、判事はクラスの秀才・井上、そして陪審員制度で行われる。


そんな時、大出は家庭崩壊し実家が火事で、祖母が焼死してい
た。

引っ越し先の大出の家に生徒たちが向かい、裁判の話を持ち掛けるが、大出は嫌がらせの電話、家庭内暴力で家庭が崩壊しており、裁判を拒否し暴力に出る。神崎から自分の父親が母親を殺し、自殺していた話を聞かされ、迫力負けし引き下がる。

後日、弁護人の神崎は大出の母親と面会する。
事件当日のアリバイは無く、家にいたという本人と母親の証言をえたが、二人とも父親を恐れており、父親が「家から出るな」と命じれば絶対外に出る事は出来ないそうだ。
そこに父親が帰宅し、最初は裁判に息子が出廷する事を認めるが、母親が弁護で出廷しようと相談すると激高。これにより、裁判を出廷することが出来なくなってしまう。


そして、樹里は告発状が裁判に取り上げられることに歓喜し、新たな告発状を打ち込んでいく。その書き込んでいる樹里を母親に目撃されてしまい、ここで後半に続いている。


・後半への謎

柏木は本当に殺されたのか?

実はこの裁判で遺書が見つかることになる。


その遺書には「柏木が柏木を殺した」という謎のメッセージ。



実は柏木はいじめられっ子だったが、弱い者には冷徹でサディステック、エゴイストという一面を持っていた。


・事件の真相




柏木は自分が死ぬことでイジメている大出に仕返しをしようと考えていたのだった。


柏木は、親友と名乗った神原に対して嫌がらせを繰り返し、精神的に追い詰めていた。それでも神原は、自分の置かれている不幸な環境から脱出するため自分らしく希望をもって生きようとしていた。


そんな神原をみて柏木は、学校の屋上に呼び出し「そういう考えをかえないなら、自分がここから飛び降りる」と脅す。

神原は「柏木くん、君は間違っているよ。生きていれば、いつか何かが分かるかもしれないのに、死をもって大いに周囲を傷つけて満足なのか?」と言葉を投げかけ、帰ろうとするが、柏木は情けない自分を許せなくなって、自ら飛び降り命を絶ったのだった。


学校裁判では、生徒たちが本音で語り合い、色々な証言が飛び交いそれぞれの意志を伝える。
結果的に、柏木がこの裁判で皆を救う事になった。

涼子が事件の真相を根底から明確にすることがこの裁判で出来、ー生涯の友を得ることが出来た。

ここで現実に戻り、20年後。


野田健一は国語教師として城東中学校に赴任。

藤野涼子は女弁護士になり、神原和彦の妻になっていた。






・キャスト
<藤野涼子> 藤野涼子

<神原和彦> 板垣瑞生

<三宅樹理> 石井杏奈

<大出俊次> 清水尋也

<野田健一> 前田航基

<柏木卓也> 望月歩

<藤野剛> 佐々木蔵之介

<藤野邦子> 夏川結衣

<三宅未来> 永作博美

<森内恵美子> 黒木華

<佐々木礼子> 田畑智子

<上野素子> 余貴美子

<北尾教諭> 松重豊

<津崎正男> 小日向文世

<中原涼子> 尾野真千子










この記事の続きを読む