カテゴリー:生活の記事一覧

独女ちゃんねる

カテゴリー:生活

食毛症になった女性の胃から出た髪の毛が衝撃的すぎる【仰天ニュース画像】

食毛症(しょくもうしょう)とは、子供に生じる精神疾患の一つで、自分の毛を抜いて食べたり、線維素材の毛をむしりとって食べてしまう症候




原因


精神的なストレスが原因と考えられている。  


合併症

放置すると、毛を食べることが癖になり、紙や粘土など何でも食べてしまう慢性的な異食症に移行することがある。
毛が腸内に移動してイレウス(腸閉塞)を発症することがある。
毛髪胃石を引き起こし胃石の圧迫による胃潰瘍を発症することがある。


1: 名無し@毒女さん


この記事の続きを読む

高所平気症、マンションなど高い所が平気な子供の転落事故がやばい・・・【九州に一生画像】

1: 名無し@毒女さん
Wiki風詳細
高所恐怖症ではなく高所平気症

高所「恐怖症」という言葉はご存知の方も多いでしょう。この聞きなれない高所平気症とはどういう症状なのでしょうか。その漢字からおよそ想像はつくと思いますが、高所平気症とは簡単に言いますと。「高いところを高いとも思わない感覚」を指します。

この高所平気症は、子供の生育環境の改善を研究されている「こども環境学会」の織田正昭先生が提唱されているのですが、先生いわく、好奇心旺盛な子供の行動に合っていないマンション設計上の問題が絡み合っているのではないかとのこと。

つまり、昨今のマンションからの転落事故は、この「高所平気症」が強く関係しているのではないかというひとつの見方を提示しているのです。


高所平気症とは


織田氏によると、子供は立体的なものに対する感覚が未発達で、自分が高層マンションに住んでいても高いところにいるという意識があまりない。また高層マンションで育つ子供は、高所に慣れる傾向があるため、高さについての恐怖心が薄くなる「高所平気症」になりやすい。これが原因とは一概には言えないものの、下を覗き込んだりしているうちに誤って転落してしまうケースもあるという。

転落する子供で多いのは2~3歳までの幼児と小学高学年~中学生まで。2歳ごろは安全に対する感覚の未熟さが原因らしいが、小学高学年くらいの子供は、好奇心旺盛で行動の予見ができないため危険性が高いという。

織田氏はこのような子供たちに対して、マンションの設計が合っていないとも指摘。マンションのベランダの柵の高さは、建築基準法で110センチ以上と決められているが、その程度の高さでは子供は簡単に乗り越えてしまうという。



何度読んでも怖い話である。

高層マンションの上層部に住む人が多くなっている昨今、高さ数十メートルのところにすんでいることが高さへの感覚を麻痺させるようです。本来、非日常であるはずのものが日常化してしまうということ。感覚を失う、落ちたときの衝撃、痛みへの想像力が欠如していることへの弊害です。

この事実に直面し、わたしたち親に何ができるのか、真剣に考えるべき時代に突入したのです。

http://www.kousyoheikisyou.net/heikisyoutoha.html


1: 名無し@毒女さん


この記事の続きを読む

スマホ離婚、ノンストップで急増中のスマホ中毒の離婚原因がやばい【画像】

1: 名無し@毒女さん
6日にノンストップで急増しているスマホ離婚を特集。

離婚がもっとも多い3月。
子供の進級などで生活環境がかわるこの時期が適していると離婚する夫婦が増加。
その離婚理由で増加しているのがスマホ離婚。
機能が一体化しているのでスマホにかかわる時間が増え、夫婦のコミュニケーションが取れずに離婚するケースが多くなっていると紹介。
スマホの情報はまさにパンドラの箱、個人情報が詰まったスマホを見られるのが夫は嫌がり、ロックをかけたり肌身離さず持ち歩く。
ちょっと地図を見るだけと借りようとしても、絶対に渡さない夫に妻は浮気などの疑心暗鬼が生じ亀裂が生まれるようだ。

スマホを見てしまった場合。
ある奥さんが夫のスマホを見てしまったときには、女装した旦那の画像がでてきた。
勝手に見たとも言えず、悩んでしまう妻も。





1: 名無し@毒女さん


この記事の続きを読む

ヤムチェ族、ノンストップで迷惑行為を繰り返す韓国人が酷い【画像】

24日ノンストップで韓国で問題視されているヤムチェ族を紹介。


ヤムチェ族とは

ヤムチェを日本語で恥知らず、こざかしい。お店の無料トッピングを持ち帰ったり、試食をご飯持参し食べ周りの迷惑を考えない人たち。

コストコのトッピング用玉ねぎを大量に持ち帰りしたり、ホテルのベットカバーやパソコンのマウスまで持ち帰る。
カフェに入ると、勝手に電源を使い、充電したりと迷惑行為を繰り返すヤムチェ族が話題に。



1: 名無し@毒女さん


この記事の続きを読む

「帰宅恐怖症」になる夫が急増!離婚しない治療方法をスッキリで紹介【画像】

「帰宅恐怖症」になる夫が急増!離婚しない治療方法をスッキリで紹介【画像】

帰宅恐怖症とは


帰宅恐怖症とは、妻の態度や暴言に恐怖を感じ、妻のいる自宅へ帰ることが苦痛に感じたり、帰ることが出来なくなってしまったりする症状。


夫が帰宅恐怖症になりやすい妻のタイプ
帰宅恐怖症の夫が語る妻のタイプは、ほぼ100%同じタイプです。



一言いうと100倍くらいになって返ってくる

必ず否定の言葉が返ってくる

夫をバカにした態度をとる

大きな声で怒鳴る


帰宅恐怖症になりやすい夫のタイプ

また、帰宅恐怖症になりやすい夫のタイプがあります。


生真面目な男性
争いごとが嫌いな男性
気が弱く、大人しい男性
自分さえ我慢すれば…と思う男性



チェック表
B9HsT7UCUAAnIlG


https://twitter.com/mikotyuke/status/563491264788578304/photo/1

・夫に挨拶をしない

・夫にあまり笑顔を見せない

・夫のことを無視することがある

・夫を管理している
・子供は自分(妻)のものだ

・子どもの教育方針は自分(妻)が決める

・頼りになるのは実母
・夫の母親が嫌い

・女系家族で主導権は女性

・友人など話し相手が少ない

改善方法は病気についてはもちろんですが、仕事観、人生観についても十分、夫婦で話し合うことが必要。
ストレスによって起こるものですから、ストレスになる原因を解消することが優先。
離婚すれば良いのにと思う人もいるかと思いますが、そう簡単に話が進まないのが実情ようです

1: 名無し@毒女さん


この記事の続きを読む

「高齢毒母(どくぼ)」親の過干渉に悩む中年世代の母と娘がノンストップで特集される【画像】